朝本日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転しました



http://khoomiis.jugem.jp/

スポンサーサイト

一方その頃中百舌鳥では

7月総括。色々なテンションで飛ばした月になった。
飛ばした分、色々考えさせられる月にもなった。したい事やりたい事しなきゃいけない事とかある分、夜は長いし一日は長いし1ヶ月も長い。濃厚で一ヶ月前が大昔に少し感じる。それを体で感じてる。とても楽しい刺激的な日々

日蝕や衆議院事情やそういうものに気には止めていたが、そっちのけで行動が続いた。
日記もだいたい毎日書いたが、これはそういうやる気的なニュアンスが表れていた。

おかげでおかれている状況を大体把握した。
なんで新曲を作っていこうと思います。

8月9日
8月12日
8月25日

はライブに来てくださいね。

まってます。

ブログ更新多分メンバー頑張ってくれます。
企画への道ブログもまたもや炎上気味です。おもわず笑ってしまいます。
斬新な空気をしばらくお楽しみください。

7月お疲れさまです!

言ってると現実になる様

暗示というものだろうか。
いささか僕の言葉がそのまま僕になる感じがある。

わかりやすくいえば虫。しつこいようだが[虫にやられる]というものをやりだしてから、私生活でも虫にやられる。
蛾などの虫は威嚇飛行してくるし、突撃してくる事も、ある。
おかげでいかなる状況でも意識的に虫を殺傷する事なんてまったくできなくなってしまった。虫が苦手な事をそんなに態度にださない僕はよく外掃除を命じられるが、和歌山だから虫に襲われる。
言ってたらそのようになる事が多々ある。その可能性を信じてる。とてもロマンチックであり、ひっくるめて脳は神秘である。

今日は自転車スケボーに乗り、バイト通勤。自転車スケボーは僕のアイデンティティーを引き出すにはなかなか重要な乗り物である。いわゆるキックボードというやつだ。拾った。
拾って、ある程度乗って、拾った場所に返して、数日後、拾った場所に新しい自転車スケボーが捨てられてあり、また拾った。田舎は色んな物が落ちてたり捨てられてある。ギターを拾うものエフェクターを拾うもの色々な人がいたが、僕は自転車スケボー運にめぐまれているみたいだ。

今の時代、そのような乗り物に乗ると全年齢に注目を浴びるのだが、そこは無視しつつ、あるメリットが魅力的なのである。

徒歩で行く、車で行く、自転車で行く。メジャーな手段でどこかに通うと、それは定時になる。それはどういうことかというととても規則正しいリズムで世の中に対応しているようなものである。その安心感、あるいは安心的な場所は僕らが無意識で求めてるのであろう。
少し変わった乗り物に乗ると、移動速度も独特だから外出時間がほんのわずかずれる。そのずれた時間にいつもの道を通ると、わずかになにかが違う事に気づく。空気とか色とか音とか景色が。だが、このような物はさじ加減である。確かに違うが、脳が四捨五入などすると一緒になる。圧縮変換のようなものだ。だから一番何が刺激的かと言うと会わない人に会えるということである。規則的な物を維持する人がいれば、僕はずらすタイプの人だ。そういうのがいい。僕も新鮮だし。相手も新鮮だと感じれたら万々歳だ。

これは違う車両に乗ることや、近道(ショートカット)をしたり歩いた事のない通りを歩く事と一緒である。

そこで新しい考えが生まれたりする。それがいい。

僕は自転車スケボーのようなものが平気で大人が乗れる世の中に早くなってほしいなと思いました。

午前5時

いつもの感じ。
力を抜きベッドにうつ伏せに寝、間接全てを伸ばしきる。
すると無になる。
唯一考える事は今体の部分のどこが何らかの感覚が勝っているか。そう、爪先だ。爪先にただならぬオーラを感じている。
アルコールを飲んだ時に爪先に酔いを感じる時がある。緊張で爪先で重軽くなる事がある。そんな時、あるいはまったくの別件でそれがそうなる時、つまり今、爪先をかなり触られたい。そして異性に。
休暇的な時間を過ごしたからか脱力感がすごい。どこにもいかずものすごく寝た。いくつかの夢を見て、すぐ忘れ、再び寝た。
考えてる事も一旦フラットに戻った。

3マンライブというのが年末に行われるであろう。

レコーディングにツアーになんちゃらデビュー等を個人的に頭の中で望んでいる、想像している。そういうものに向かってゆっくりと確実に進んでいるのを感じる。

この脱力してる間も毎夜毎夜なんらかの進展が間接的に起きている。何かが起こる予兆もなんだか感じる。不思議な気分。

何が起きても大事件のような、中学生のような気分である。

今年は梅雨はこないのか?と先日言ったそばから梅雨が到来。ほとんど毎日降ってる。それにものすごく衝撃を受けている。雨が降らなきゃいけない理由もたくさんあるから、やっぱ梅雨ってあるんだなと季節を感じています。

今年もフジロッカーはブヨにやられまくったらしい。友達は大丈夫だろうか。
ブヨという虫は手強い。ダニなのかノミなのかそのような類の虫だ。あっち方面では多発の虫。
刺されたら強烈に腫れ、範囲も伝染し、強烈に痛いらしい。

夏の山は手強い。

話は戻り、爪先まで何かを感じる時は全身研ぎ澄まされていて、ダニのような物が体を練り歩いていようならばそれを感じる時がある。
ただ研ぎ澄まされているのか単にダニがでかいのかは謎である。

ライブハウス火影は何かがいて、よくやられる。そして独特の匂いもする。コンクリートなのか排気なのか水なのか混じりあったカオスな匂い。
何故か服の下でガードしてる部分を蚊にやられてしまう場所だけど出てくるバンドさんはおもろいですよね。

蟹工船が気になります
衝撃的なイッコーの毛剃りCMを最近見ません
衝撃的なアイラブベジのCMも最近見ないです。
久しぶりにTVを見てそう思いました。

丁寧に

寝溜めを行う。昨日のこの時間帯から大体今の時間帯までの間、だいたい寝る。

20時間かそれ以下の時間を睡眠に費やし、その間に遭遇する複数の夢を丁寧に時間をかけて見る。丁寧さがアダになったのかその見た夢も一瞬で忘れる。

久しぶりの完璧睡眠。
何故か財布をなくし、財布を探すのも面倒で、外出意欲をなくした結果。寝るというね。
財布はなんでこんな所にあるんだろうというぐらい部屋の隅っこで見つかりました。

ひぐらしとは虫なんだって先日友達に教えてもらいました。
皆さん、その常識はいつどこで誰から学んだのでしょうか。知らなかったな。前から怪しいとは思ってたんですよ。

ひぐらしの鳴く頃になんていうもんだから、一体どの情景が鳴くのだろうとね。

あげくのはてには水に浮いてる毛虫のような蚊の幼虫の名前までみんな知ってるんだから驚きです。

僕も幼少時代は特に普通に過ごしてきたんですがね、いささか知らないワードが多いです。
アナルって言葉を知ったのとか大学4回の時ぐらいですからね。最近です。周りのみんなは常識的に知ってたから、完璧にみんなは変態なんやと思ってました。

このように知らなかった言葉が一杯あって、びっくりです。
昔、猫ひろしさんとしゃべってた時に、あのイルカの絵を書く有名な外国人画家とキャバクラで会ったって話をしてて、僕には一体何の事かわからないという状態になった時があります。

これも後に友人から聞いたんですが、超有名人のようです。

僕は昔の一時を一体どの世界にいたんだろうと思いました。

不思議な事です。

考えれば考えるほど不思議。

幼少の頃に思い付くすべての限りの好奇心をこのからだに捧げたもんだが、いかんせんそれでも経験しなかった事があるという事なのか。

あげくのはてには僕がいつ虫好きから虫嫌いになったのか、よくわかんない事も多々あります。

不思議な話。

時々、蝶が僕にとまる。セレブレティーな気分になる。残念な事にハエがとまることもある。虚しい気分になる。僕のように歩く速度が遅い人はこの現象に遭遇する。

僕はいつか鳥がからだにとまればいいなとずっと考えていた。

月も火も休みという事に気づいた。

ゆっくりしてると治癒する。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。