朝本日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かの実。あるいは何かの種。

うまくいかない事が重なったりして少しナイーブになったりする。そもそも自分が思ってるより物事はうまくいかないものである。
僕は決して自分の事を普通だとは思っていない。だからといって自分は変な人だとも思わない。
どうにせよ、僕は僕である。僕からしたらこの世にあるモノは大体謎めいている。いつだって自分の事は自分にしかわからないものである。
相手が百戦錬磨の占い師だろうが分からない。自分は自分がわかってやりたいもの。と、僕は思っている。
ただ人の事、分かってやりたいという分かろうとしたいと気持ちは愛であると思う。素晴らしい。間違いなくこの世に必要である。

自分がどんなに人の理解なんていらないと主張しとる人でも、心のどっかで理解者を求めているであろう。
そんなわけあって僕は何かを伝えている。曲のようなモノを作り、歌詞のようなモノを作り、それを惜しみ無くライブハウスで吐き出す。
吐き出して、また新しい曲を作ったりする。そんな感じである。

僕から言える事はもうみんな言っている。それでも何か演奏で伝われば幸いでございます。

こういう事に対してはは多少の責任と恥じらいもあります。
愛こそ全てです。と思います。

スポンサーサイト

ショウビズ

経験から学ぶ。学ぶっちゅう事は経験をするという事で経験なくしては何も学べない。
っていう事に多少の批判を喰らうハメになるので補足。というか訂正。経験は一番の学習になるのだ。
これにしておこう。

本題。僕は今まで色々な事を経験してきた。痛い、苦い、甘い、辛い、楽しいとかそういう経験を。その過程において現在の僕は存在している。その経験をつんだ肉体から楽器を弾くと個々個人の楽器の音を奏でるという事になる。
誰も同じ音は出せないモノ。他にも弾く強さや湿度や温度によって音は多用な音階が生まれる。こういうのを無機質の逆(有機質や濃厚)と僕は呼ぶ。

音を聞いて、あの人はあんな事考えてるんだぁなんて事はなかなかありえないが、自分の演奏を自分で聞くとそんな事がわかるもんです。

本当の本題。今日僕は見た。たまたま見た。遮断機のサイレンがカンカンと鳴り響きまさに遮断機が降りてきていたのだが、向こう側少し遠くに自転車に乗っている少年はまだ間に合うだろうと思っていたのか無謀にも突っ込んできた。
間に合うわけがない。
少年は遮断機内側に突っ込んだ。少年は早くでなきゃでなきゃと焦る。あせれば焦るほどうまくいかない(よくあること。)誰も助けなかったからね。僕は少し後ろにいたので残念ながら…。

結局少年は半自力で逃げ出しました。
少年はこの経験から学んだであろう。
そう、もう二度と遮断機では無理はしないだろう。と。
おまけに、ピンチの時こそ己でなんとかしなければという事。
そして友達は大事やで。という事を。


では、今からその少年を思いながら曲.(インスト)を作ります。
僕はそれを見たという経験をしましたからね。

経験、経験言うてますが、心理学や哲学ではやたらもっと出てきます。


朝本。

限りある魚を守れ

ちょっと一つ思った事を。滅多にこんな文句じみた事は言わないたちなんですが…。
魚の収穫率が減ってきている。皆で海を綺麗に。限りある魚を守れってテレビに言われました。
魚からしたら凄くありがた迷惑やなと思いました。
このようにテレビを見ているとある種の錯覚じみた事が結構流れていて、油断はできない。

話は変わり、大学のミュージックフレンド達約20人と酒の会を行う。というても別に音楽の話を特別したわけでもなく、まれにみるファットな後輩のファット具合についての会話が飛び交っていた。

それにしてもまれに見るファットな後輩は朝本日記に良く出る。ちなみに本当にファットである。いつか許可をとろうと思っている。

ソウ4を見る。技術の発達が一番証明しやすいグロいシーンは現代技術が発達しすぎて本当にグロい。
今思えば初回作と比べたら趣旨が変わっている事に気付く。
どっちかと言うと、キューブやesといったような心理深層(造語)的な内容重視やった気がしたが、回を重ねるごとに謎解き映画みたいになっているなと感づく。

それが面白いなと思った。映画ではシリーズ事に監督が変わっていくのが結構あるのも納得。

面白いというより安心して見れない残酷映画。あ、面白かったです。

28日後の続編、28週間後がもうすぐ公開されるらしい。28日後は面白かったから楽しみ。

陰日向に咲くももうじき。宮崎あおいが出てる映画である。

映画館の音響に最近はまっています。

情緒ある日々

ども。どーもでおなじみ朝本です。
ハスキングビーを久々に聞く。高校時代を思い出す。

ハスキングビー。誰がいったが知らないが意外に大好きです。いいバンドです。音楽作るものからしたら非常に羨ましいメロディーセンス。
聞かず嫌いの人が多分多いと思うので是非。

簡単な曲を何曲か作る。ルールを決めて作る。弾き出したらとめてはならないというルールに基づいて作る。何曲か作ると何曲か忘れ、最後に残ったのは一つのリフであった。
こんな感じの曲がやりたいっという感じがかなり多くある。

そして箸休めに絵をたんまり書く。絵を真剣に何枚も書くのは久しぶり。
昔は白紙のノートにうめつくすように絵を書いていた。
また始めようと思う。

絵はすごくメッセージ性がある。


11月20日

パソコンでレディオヘッドアコースティックライブを見る。現代は便利すぎる。このままでは10年先は大体僕らぐらいの年頃になれば、まあまあの実力者ばかりになるかもしれない。
何故ならライブ映像を見たら刺激されるからである。現在非常に簡単に見れたりする。
僕らも実はそういう流れにのっかってたりする。現在僕たちは音源を全世界に排出している。メリットもあればデメリットもあると思う。
あえてデメリットを言うと、その希少性が失われるという問題だ。これを解決するには我々自身が日々進化しライブを面白くせねばならない。いうたら僕ら次第。も一つはそのまんま盗作の恐れあり。
僕の知り合いはもう被害にあっていたりする。知り合いの名曲がどっかの知らない外人さんが歌っていた!(ほんま)
そんな事がならんよにしたい。

話を戻して…。僕はレディオヘッドが大好きで原点的である。思えば今から10年前の小学生時代にOKコンピューターが飛び込んできて、僕は当時洋楽とはこんなんやというイメージがついたのである。
それがEXIT MUSICである。名曲。

僕はただ今個人的に機材を増やそうと考えている。バンドで使おうっちゅう考えはなく、音楽ライフを楽しむためにいっちょサンプラーを勝ってみよかなと考え中。想像は膨らむ。

かれこれ現代の音楽事情は詳しくはようわからないが、あまり考えず今はひたすら良いものを作り、実は色々考えていきたいものである。

冷静に考えて、ここ活動拠点である大阪のミュージックシーンにはいくつかの最近の形がある事に気付いた。

う~ん、難しい。僕らは僕らの音楽計画勃発。僕らは貫いて頑張ろう。

本当のオリジナルはなかなか存在しないが…。

というような事を先日旧友と話しあったのである。


これからが楽しみである。

何かの生物に襲われる事について

よく夢で異生物に襲われたりする。まったく勝ち目なし。
最近は見た夢をだいたい覚えるようにしている。でもその全てを日記に書いたりしない。死にたくないからである。噂にはすぎないが…。

浦田の日記に書いてあった通り、彼ら所属の大学祭に行く。
そして日記に書いてあった通り浦田のエムシーを聞いて笑う。

久しぶりに旧友と遊ぶ。心がリフレッシュされた。
これからも頑張ろうという気持ちになる。

面白い王を目指します。

ハードルは高く。

夢をちらほら

最近はだいたい良い夢から悪夢に変更していく。かなりの悪夢を見る。大体一回の睡眠で最低三回は二度寝するので、最低三回は毎日悪夢を三回見ている。多分風邪だからであろう。

すごく鮮明に覚えてたりする。夢の話。KHOOMIISが一日に二回ライブをする日があった。一回目のライブは完璧。もう申し分のない内容であった、中音、外音、パフォーマンス(笑)、曲順なんてなもんが良かった。


その勢いのまま二回目のライブに移行。まったくついさっきやってた同じ場所で演奏しているのに、中音が最悪。若干のバスドラムのズレが気になり…。というか知らん間にメンバー全員知らん人になってて、まあ見事に皆ミスって異例の曲ストップになる。


悪夢である。起きた瞬間汗だらだらしていた。メンバー変わるとかありえない。絶対嫌や。


肝試しの夢。


肝試しポイントまで歩いて向かう。だいたい5人で。
歩いて向かう最中にも幽霊でたりする。僕は知らぬ間に歩きながら寝ていた。

歩きながらまた目が覚めると一人であった。歩きながら寝ていたのでどこまで進んだのかわからなくなる。みんないない。電話繋がらん。
暗闇の中、とりあえず前に進む。みんな幽霊にやられていた。そんなバカな。悪夢だ。


と、最近はそんな調子。


話はかわり、朝からフレイミングリップスを聞く。全く。泣きそうになるほど名曲!

イカの気持ちは続く

イカの気持ちは続く。5年先もその先も。続くったら続く。そして深海で進化が続く。

話は変わり、いわゆる女子高生2人に変に絡まれる。煙草をスパーっと吸い、がっちり目を見てきてバイバイと言ってきました。
挨拶は大事やで。の名にかけてきっちりバイバイと言い返し再び自転車に乗った僕ですが、どうもしっくりせずまた引き返し、その女子高生の一人にそのキティーちゃんのサンダルは似合ってないと思うという事を告げた。

最近の未成年ヤングはすごいと思う。制服だろうが何だろうが煙草をそこらじゅうで吸っている。
それすごい肝っ玉やなぁと思う。堂々と法か何かを犯してるところがね。

ただそんな事よりサンダルには何かもの申さないといけないやろうという事になったのでこうなった。
ま、別にいいじゃんと言われましたがね。

話は変わり、最近はライブハウスバンドを見てて実力者が多いなぁと思います。音楽もどんどん難解なんが増えてきて、それに合わせてうまい人いっぱい。

負けてられませんな。練習しなきゃ。


最近はガチャピン日記がすごく気になります。

無音

脳内作曲をいくつかする。こんなんしたいあんなんしたいと思ったら頭ん中ではその曲の一部は出来上がっている。が、忘れてしまう場合も多い。

ホーミーズがライブでやってきた曲で一曲以外は脳内作曲によってできあがっている。
その曲達がメンバー達の手により最近進化している。曲の本当の正体が現れるのは近いんではないか?ライブで曲を育てよう。

次のライブは面白いことをしようかと考え中。その内容も脳内でたんまりとイメージする。想像すると笑ってしまう。
最近はよく笑う。

楽しいな最近。音楽友達大歓迎!

詳しいライブの話

できるだけ言えるところまでのKHOOMIISの現状を。

昨日のライブは過去最大やったと思う。外音はどうとか無視して考えてです。僕らはライブをやるごとに当然のように進化したいと思っている。それは今の言い表すなら、成長期においてはその課題は宿命的でもある。今のところ僕らはそれを実行できていると思う。とても良いことだ。それすべて僕判断での意見であるが・・・。
昨日は前回ライブでやった曲を全てやった。前回やったライブの音源は皆様に配ったので聴き比べてくれたらわかりやすいと思います。

僕なりには昨日のライブは凄く実験的であった。
同じ内容でどう違うライブにしていくかみたいな感じで。とても集中した。セットリストは大事だと痛感した。ボクサーみたいに2週間ぐらい前から体作りしたほうがいいんとちゃうんかと思うぐらいそう思う。
体力を作るんではなくバンドマンはバンドマンらしく体作りをね。

音楽そのものを楽しんでいただけたら幸いです。いつまでも幼稚な事を言いますが、音楽は良いと思います。音楽は何も悪くない。

あまりこんな事書きマクってもしかたがないので、この話はこの辺で割愛。


今日はアンダーワールド聞いています。ケミブラは僕が聞いたら激しいバカ踊りな感じになってしまいますが、アンダーワールドは何故かムショーにギターがひきたくなってしまいます。何故かはわからん。

そしてラジオスターの悲劇を口ずさむ。口ずさみながら、フランクシナトラの事を考える。そして寝る。

まれに見る変態イベント始まり、まれに見る変態イベント終わる

まれにみる変態イベント・ナツミズムに参加する。クラブマーキュリーにて。

誰がいったか知らないが僕はこのイベントの事をいつまでもまれに見る変態イベントと呼び続けるであろう。

それにしても楽しかった。そして楽しんだ分、夏フェスの帰り道より疲れた。
お客さん暖かい!絶対に暖かい!そう思った。

本日KHOOMMISを目当てで来てくれた人は一人だったからね。
演奏やってる最中見てくれている人みんな知り合いなんかと思いました。皆様ありがとう!
音楽好きが1つのハコに集まって一生に一度しか奏でられないミュージックを共に共有するっちゅう事が素敵で素敵で、見る側も見られる側もまさに真剣で、そんな素晴らしい事は滅多にないなぁと思いました。

ありがとうございました!

初ライブの地、で、初アンケートをとる(書いていただいた方ありがとう!)。
初の試みやったが、参考になりました。
1つわかった事は今日は最後にやった、アイライクミュージックアンドアイヘイトユアーマンデイと曲が一番好評でした。
パソコンサイトで音源聞けます。簡単なメロディーなんで覚えていただけたらうれしいです。

話は変わり、変態イベントと僕は言ったもんだが、音楽やってる人はだいたい変態ですよね。まともやったら音楽続けるって結構難しかったりする。

結論。音楽やってる人はいい人ばっかです。
今日かて、対バンさんとおもろい話ができて満足であった。
今日のイベントは良かった。全部見た。
みんなやりたい事、真剣にやってるんやなって思いました。かっこよいバンドばかりでそれに刺激された僕。これから僕ら挑戦しつづけます。

お客様と
対バンの皆様と
クラブマーキュリーのスタッフと
メンバーと
僕のマイギター

ありがとうございました。また会いましょう!

音に揉まれまくる

いくつかここ最近の出来事を。

多分8日。伊藤宅で桃鉄をする。まれにみるファットな後輩も来ており、彼がサラダ油を事故で床にこぼしていた。床ツルツル。それを見て、自分の部屋に料理用油がこぼれたらたまらんなと思った。いやはや。

多分9日。最近話題の雑貨屋に行く。田口ランディは女という事がわかった。100万回死んだ猫という話には感動した。
伊藤と二人で練習。
夜はキムチ鍋を作る。

今日10日。KHOOMIIS四時間練習。練習風景をビデオカメラで撮影(録音が目的)。
カメラを回すといかに変な事をしようかという思考、男なら大概なります。レア動画を手に入れた。
練習しまくり。練習しながら曲やり~の歌い~のながら脳内作曲をしたりアレンジ考えたりする。そうする事により集中力が上がる。
最近は集中しっぱなしである。脳みそ大丈夫かな。
そのためか最近は脳がボケてきているような気がする。
外出する時、煙草忘れたり、煙草とりに帰ったらライター忘れたり、ライター取りに帰ったのにライター忘れたり。
切符買おうとしたら何故か家の鍵をだしていたり…。

これ真実です。ちなみに毎回やるわけじゃありません。
でも、改善しなければ、いつか音楽人間になってしまう。良いのか悪いのか難しい。

練習終わりに中百舌鳥マッシブに友人のライブを見に行く。初マッシブ、初友人ライブ。
Lu:okalaやったかな?刺激であった。
友人は後輩にあたるんであるが、今日のライブを見て彼のギタープレイに尊敬した。

あまり人のライブを見ても良いとは思ってもツボをつかれる機会は少ない。
だけど今日はツボつかれた。

それと今日は疲れた!耳がずっとキーンなってます。
もしツアーとか出たらキーンとまらんのとちゃうかな。



まれにみる変態イベント。すぐそこ。

アコギで奏でる

練習に入る。スタジオ練習。
色々なバージョンを試す。今回は曲順を大幅に変え、雰囲気そのものを変えようっちゅう考えがある。どんどん新体制を考案していくのである。かのラモーンズみたいにね。

ラモーンズといえばレッチリがカバーしているハバナアフェアーの原曲が好きである。僕の中ではフリマで汚い靴を売っている人が安いラジカセでかけてる音楽がラモーンズである。そんなイメージである。

なにか、とても古くさくてなんじゃこりゃみたいな感じが逆に良かったり、状況によったらそれが一番になりえるから不思議。

ロバートジョンソンにもそんなイメージがある。


今まで作ってきた曲をアコギで弾き語ってみる。冷静に判断して、ほんまにこれ僕が作ったんかなみたいな現象に対面した。それは凄く良い意味で。
歌が下手なりにも今まで歌いつづけてきた結果それなりの成果はでてきている。もっとうまくなったらアコースティックでもいける。

アコギは良い。色んなアレンジが生まれたりする。

僕はニルバーナがアンプラグドで普通にアコースティックライブをしてるあの名場面を思い浮かべてみた。好きだ。

今日はアーティストが良く登場する。


という事で新曲ができた。これはいつかスタジオで合わしていつか合わしたいなと思ったのである。
最近は練習で変な弾き方をするのに夢中である。それあかんやろって突っ込みたくなるぐらいのノリ方で弾く。スタジオでしか披露してないから相当恥ずかしいんだが。

まれにみる変態イベント。もうすぐ。

11月7日現在

所属部の学祭が終了。楽しかったな。
笑いのセンスを磨かなければ…。一発芸や能等をやったが(もちろんちゃんとした演奏も)なんせ笑のセンスを磨かなければ。

僕は、もう誰の追求も許さないポジションに行きたいと思っている。あーだこーだとか言われてそれを無視するんじゃなくて、あーだこーだ言われない場所にね、行きたいな。

楽しく音楽やってる人と音楽の話するんやなくて、映画な話できるようなね。
気さくでも内気でもなく、良質でも悪質でもなく、相変わらず俺は俺やスタイルでこれからも生きていこうと思う。
これは部活の話ではない。

学祭中吉本新喜劇を見た!すえなりゆみや島木ジョーや口笛男やミスターオクレ等見た。彼らはプロである。
彼らは客の期待を答えまくる。いわゆる伝統である。やっている事はいつか笑い飽きてしまうような事でも、そんな事はまったくならんかった。
積みかさねた芸歴は多くの信頼と場数による心の余裕。そんな所からくる笑いの爆発。
一人で見ていたが笑ながら感動した。
今度メンバーの誰かと見に行こうかと思う。

すえなりゆみさんは凄い。いんがすんがすんに意味はない。これまさに最強である。
僕はそんな人になりたいなぁ~。

今日は練習や。


いつかもしスタッフなんてできたら、脳髄ダイヤのように、ネタをしこんでもらおう。

最近は良く個性的なスタッフを良く見ます。

帰郷

20071102022706
約6時間程であるが、先程実家に帰ってきた。朝になるとまた大阪に行く。

和歌山寒い。と、感じた。帰ったらまずする事といえばピアノである。和音を弾いたり、コールドプレイ弾いたり、レディオヘッド弾いたり、安藤裕子弾いたりする。

固い鍵盤は人を魅了するのである。

帰ってきたのでお菓子をバクバク食べる。お菓子って実家でしか食べる機会がそうそうないので食べる食べる。

自分の部屋ちょっと懐かしい。ニルバーナのポスターや宮崎あおいのポスター。友達の写真や油絵で書いた絵等、すごく懐かしい。

雑誌クロスビートの山や今思うと凄ください衣類等、すごく懐かしい。

また、いつか帰ってこよう。


ライブがせまっている。今はそのライブが成功するように毎日イメージトレーニングをしている。

イメージ上では凄くかっこいい。

スイングせねばヒットは打てぬ

KHOOMIIS久方の練習。これまでやってきた曲や新曲の練習をしたりする。

これまでやってきた曲非常にマイルド。なんというかリズムが安定している、メジャーなアーティストみたいな感じ。もっとわかりやすく言うと、スパゲティーを冷静に食べる感じである。

特にIlike music @ I hate your mondayなんかは非常にメジャーな演奏になってきている。つまりKHOOMIIS進化は確実にしているという事になる。

後はもうミスをなくしていくことに限る。

新曲顔合わせ。新曲がむずい。難しい事をやっているつもりはないが四つの楽器が喧嘩しているような感じになってしまう。それがまたロックしてる人がロックしきれていない感じが出ていて良いんだが、それは別の要素でだしたいと思っている。

新曲はロックだ。三分以内である。

攻撃的なライブにしたいなとも思っている。

そういえば私の部屋の電気がストップした。居留守をしたりポスト無視していたらこうなってしまった。めんどくさいなぁ。

明日から学祭で連続出演とかやのに曲も聞けないし部屋も暗い。ただ世の中便利だからなんとかなるでしょう。本当に最悪なのは滅多にないものだ。

そういえば先日久しぶりにお酒を飲み吐いてしまった。
吐く度にもうお酒はこりごりやなと思う。
お酒に頼って女性と絡む事はいけない事だ。意識がなくなっておぼえてないとかやったら最悪。
って良く思います。

最近になってやらなくちゃいけない事がたくさん出てきました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。