朝本日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わり

ふと世界の終わりを想像した。宇宙人や何かが地球に新年舞い降りてきて、とてつもなく重力を乱し、地球はすべて引力によって宇宙に向かって吸い込まれていく図を。
地球が終わっても僕は音楽再生機にCDをプレイさせ、グッドなミュージックをを鳴らし続けたい。この反抗こそ生き様。

上枝はいなかったがその他のメンバーとミーティングや練習や忘年会をする。初ライブの音源を聴く。ライブした場所はマーキュリー。当時のドラムは浦くん。伊藤ちゃんはたまたま観客としてライブに見てきていた。ほんとたまたま。
音源を聞いてなんじゃこりゃって感じでした。すべてが初々しくて、なんかフラットな内容やったな。なんか初ライブの音源はやっぱり初ライブって感じで、荒々しい。
まあ、でも、なんか愛着ある感じでした。
思えばこっから始まりました。だからこの初ライブは忘れちゃならん。

いっぱい新曲作ってきたけど、この当時からやり続けてる曲は今じゃどれも名曲になっています。つまりなかなか外せない。
不思議な事です。すぐに名曲な新曲を作ってどんどんライブではそれを披露していこうって考えていたのに、初ライブの曲達が今でも多めに演奏されてる事が。
そこはやっぱり、演奏する側からして常に良い空気を作るを心がけているからかな。ストイックになればストイックになるほど、やっぱり毎回選曲には困難します。
演奏時間が30分しかなくて、そこにどう詰め込むか。これ永遠の課題です。僕は貪欲やから曲はできるだけ多めにしたい。貪欲にね。だから日々ライブの事を考えている。寝る時も自転車に乗ってる時も。バンド結成してから一日たりともライブの事を想像しなかった日はない。これは本当の話です。

さて今日で2007年終わりますね。友達の解散しちゃったバンドや解散しちゃうバンドがいましたがこれからも頑張って!
今年ライブを見てくださった皆様。各ライブハウスさん。特に共に二回ださせてもらったクラブマーキュリーとゴイスの方々に感謝。特にマーキュリーに感謝!友達と両親にも感謝。

来年もよろしくお願いします。ありがとさまー!

スポンサーサイト

お祭り気分

新しく作った曲の歌を考察する。こうしてまた世界に1つまた新しい曲ができた(かなり大袈裟)

僕は昔ROBOTOMYというバンドを組んでいた。パートはギターで。凄くナイスなバンドやった。と僕はずっと思っている。
僕はまたROBOTOMYみたいなバンドやったら是非したいなと思っていて、今やっている。みたいなと言ったらわかりずらいが、簡単に言えばロックがしたいという事だ。
ただ、僕がやろうとしているのは真似とか未練とかではなくて、僕の中では絶対にいい音楽はいい方向にいかねばならんという事である。
もう色んな事をやっていきたい。
やはり理想のミュージックには理想のメンバーが必要であり、こうして集まったメンバー達に出会う事ができた、僕の生まれてからこれまでの人生には感謝しなきゃいけない。もちろんメンバーにも。

人生とは不思議なもので、良かろうが悪かろうが、どういこうが僕は最終的にはみんな同じ結果になるんじゃないかなって思う。

まあそれはわからない事であるが、例えば分かれ道で右にいこうが左にいこうが僕はどっちにいっても正解なんだと思います。僕があの時、右に行こうが左に行こうがたぶんこのメンバーでKHOOMIISをやっていたはずだ。後悔はいくらでもしていいが、それでも前に進まなければいけない。僕はそういうことを最近、だんだん理解してきているような気がする。

正解でいいです。正解に決まってる。が本音ではあるが、僕はそういうスタイルだ。

僕は語ることをある時期から結構おさえている。自分の中のナルシズムを押さえているのである。言いたいことがあっても日記には書かなくなってきた。昔と比べてね。
言葉というのは一つ一つが重要である。本当に重要で。生き物だ。気をつけて。

僕は間違ってもこうやってバンドで吐き出す歌詞や言葉では嘘をつきたくない。そう思っているのである。

話は変わり、壊れたギター、荒治療をしました。ガムテープとかで固定。結果見た目がかっこよくなりました。投げたりしない限り大丈夫である。
一ギターリストとして、今日たんまりとギターを練習する。

ニルバーナ、レッチリ、ストロークス、レディオヘッド、ミューズ、それぞれアルバム一枚ずつCDに合わせて弾くと、いい練習になります。それにしても大御所。

他にも、CAKE,ピクシーズ、ワイルドハーツ、フーファイターズなんかは、弾いてて楽しい。

たまに練習の休憩で何かのコピーをやったりするんで、大御所コピーはやっといて損はない。
そしてたまにやるコピーコーナーは楽しい。

新曲を作る度にうきうきになります。でわ。

新曲制作中。

なんちゃって作曲家兼作詞家の朝本です。
久々にただいまストイックルームにこもっています。新曲制作中。
一気に三曲つくりあげる。久しぶりに作った曲達はどれもシンプル。いつのまにか逆に削ぎ落とす癖があります。
が、自己採点で行くと、何か飾ってなくていい。僕は好き。そういう解釈である。
ジェットとストロークスが混ざったような曲。
極上のエイトビートな曲。
軽くダブな曲ができあがった。

どれも大人のロックというような感じで、ホーミーズにはまだない曲である。

ざっと数えて17曲この部屋で作っておる。たまったなぁ。今思えばライブでもう10曲やってる。今気付いた。曲にするならばメンバーに気に入ってもらわない事には始まらないのである。
ベースもギターもドラムもギタボそれぞれのトラックおいし~とこ想像しながら作っています。
これ基本です。
かっこつけてなんぼでしょう。あまり前向きに言えませんが。

ちなみに何曲かスタジオでジャムって作ったのもあります。
そういやオアシスは全員作詞作曲やってるという話を昔聞いた。この事をビートルズ方式と言う事にします。

でわ。

そしてクリスマス

クリスマス。ローソンでチキンを買うが、おもむろにすべて道に落としてしまい、大げさだがこの世の終わりを感じました。だが拾って食った。予断だが揚げたてでうまかった。マクドナルドの100円バーガーも食べたな。昨日イブは豪華やったしね。ザ・庶民。
ライブ出演中でM-1グランプリが見れなかったので、最新の技術を使ってそれを見る。サンドウィッチマン面白かった。よかった。それよりもキングコングが出ており懐かしかった。
中学生の頃を思い出しました。テンダラーズやロザンやカウカウやユリオカ超特急やそこらへんを。懐かしい中学時代。中学時代あんまりいい思い出なかったなぁ。
一年生の時、初めて付き合い一週間で別れた彼女。そして二年生でまた同じクラスになりずっと気まずい感じのまま。スキー合宿の時、男性人気グループと僕は同じ部屋やったので、夜中に主要女子メンバーは当然その部屋を訪れるわけで。お約束通り怖い先生が見回りに来て、みんな隠れろー!ってなって。たまたま僕の布団の中には元カノがたまたま隠れていて、この状況ほんまに凄かったと思います。てんぱった。
ちなみに僕の学校ではだいたいヤンキーが恋愛を満喫してたイメージがあります。
ヤンキーヤンキー言うてすみません。

ギター始めたのも調度そんぐらいの時期で、密かにやっていたがヤンキーな友達がすぐに言いふらすものだから、数日後に、ヤンキー達に音楽室に連れて行かれ、クラシックギターでハイスタのアングリーフィストのソロ弾かされたなぁ。「ハイスタのソロ弾いてみろ」てな具合に。心から練習しといてよかったと思いましたね。練習をしていなかったら恥じをかくとこでした。
今、みんなギター続けているんかな?

yesのsweetnessとHeart of the Sunriseを聞く。この2曲は良く聞く。理由はバッファロー66のサントラに入っているからだ。個人的にこのサントラが気に入っており、yesのファーストアルバムもいつでも聞ける状態なのだが、サントラをどうやら優先してしまうようだ。
khoomiis初期にyesの曲やった事あるが、結構気に入っている。

何度聞いても飽きないCDって何個かあるが、まったく凄い事だ。

LIVE AT 新神楽

やってまいりましたヤンキー(ヤングキーホルダー)の町でライブ。相当何かアンダーグラウンドな雰囲気でとてつもなくやりにくかったです。ただ僕のアメ村のイメージと合っていてライブでは燃えました。当日アメ村ではカップルだらけだったりクリスマスプレゼントを買いに求めに来ている人が街にいました。そしてその街に消防車とパトカーが来たりしていったい何が起こっているんやって感じでした。
僕はそこでテンションがかなりあがっており、ええライブができたなと思っています。良いライブやった。自分がノリノリでメンバーは違うテンションであったという事実はこれからの課題ですな。
ライブ終了後MCが駄目やという意見をもらいました。これなんとかしないといけないです。
ギター潰れる。

クリスマスイヴ。焼肉とシチューとケーキとチキンとエリンギをたいらげた。シチューは特に久しぶりに食ったのでうまかった。

お次はゴイスです。それに向けて今日から新曲製作です。もう一度集中力を高めるためにもね。

ではでは良いクリスマスを。

今日ライブね

四時間練習の後、伊藤宅にて更新中。音源CDを焼く焼くヤク。
本日の練習で腰疲労が進化する。本日腰中心の生活。
練習でやった事のないノリでギターを弾く。滅多にしないジャンプをしまくって疲れた。ただ鳴ってる音はすごいカッコいいロックサウンドである。それが楽しい。

今から寝て明日ライブ。明日の対バンの方、はじめまして!よろしくね~。

とりあえずそこはいい気分

大学ゼミメンバーで忘年会をする。今年あった不幸な事を忘れてしまい、しかし、心のどっかで実は覚えていようという内容の飲み会である。
僕の入ってるゼミは面白い。曲を作ったりCG作ったり、まあなんでもOKよっていうゼミやから、相当おもしろいのだ。ゼミの先生はキングクリムゾンやイエスが好きな人でよく音楽談義をすると止まらない変わったお人である。その集まりと呑む。

久しぶりに無理をし、七味とゴマとラー油とこしょうを結構スプーンに乗せ、それを食うという行為をしたが、口の中が粉だらけになり、ちょっとつらかった。
上の文章に対してではないが無理をすれば人間たいがいなんでもできるもので、それ素晴らしいなと思う。やっぱり、なんでもやってみないとわからない。これに尽きる。
そして何よりも大事なのは匙加減というモノであろう。僕はこういう上で、何かを表現していきたいのである。

先日、まれに見るファットな後輩と大学の図書館で映画「エイリアンVSプレデター」を見る。「僕は、これが見たいです」と言われたので見た。こんなの馬鹿げてる。絶対僕は寝てやろうと思っていたが、最後まで見た。
プレデターがあまりにも愛着のある動きをしていたので釘付けになり寝れなかった。だからかしれないがとても面白かったのである。

さらに先日より先日、まれに見るファットな後輩と大学の図書館で映画「ブレアウィッチ2」を見た。彼と映画を見るときはこういうなかなかいまさら見れない映画を見ようとこの日心に決めた。映画の内容はおいといて劇中にクイーンオブザストーンエイジの曲が流れて来た。なんだかとてもアメリカン。そういえば僕は、特別クイーンオブザストーンエイジが好きだという人に出会った事ないなぁ。なんでだろう。予断だがクイーンオブザストーンエイジの名前を聞くと何故かジェーンズアディクションを思い出し聞きたくなるのである。理由があるとすればフジロックかな。

結構前に夜中に8人ぐらいで缶けりをする。まれに見るファットな後輩も文句なしに参加。
缶けりの話は置いといて、まれに見るファットな後輩に対し、少しでかい木の棒を使って、ずっと僕はボケていた。そこから木の棒を使って映画の有名シーン再現シリーズが勃発。インディージョーンズより、彼は宝を見つけるが宝を守るガーディアンに殺されるトレジャーハンターをやり、僕はガーディアンをやる。予断だが宝を見つける主人公以外の人は対外死ぬ。

新神楽ライブもうすぐ

バンドの状況は最近遊び放題です。まぁ直感でやってくれてらっしゃる。ライブでミスったら軽く叱るのが僕の役目だ。
僕らはライブ音源を配布しているのでそれが良きプレッシャーになります。いくら動こうが動くまいがミスをしてるような曲は当然ボツになってしまうわけで、日々集中である。
四人楽器バンドというのは少し大変である。少しね。少し周りの楽器を気にしなくちゃいけない。そうしないと良い音出せないんです。いたってこれは僕の四人楽器音楽論ですが…。が、そういうのできたらええ味だせるんですね。

まずライブ。そしてお家で冷静 に聞くライブ音源もドーッンと迫力を追求。

虫にやられるについて…
この曲作ってる当初はちゃんと歌があって8分ぐらいある曲になる予定やったと思います。しかも歌詞は日本語で。
で、虫にやられるって言葉をコードにそって永遠に歌っていたら、そんなに虫にやられないであろうと思わず突っ込みを入れ、この曲リフだけ残りました。
後日、本当に虫にやられた僕は(歌詞解説参照)この誰かに伝えたい思いを曲にするしかないと思い、再び作業にとりかかりほぼ一瞬で作り上げた。まだまだ発展途上な楽曲である。
この曲、ライブでは良く伝わってるようだ。虫には気を付けて。

話は代わりポストロックというかっこいい響きを最近耳にします。そして最近見ます。
ポストロック好きのポストロック演奏者といつか酒を飲みながら音楽談義してみたいです。


音源について

精力的にライブ音源をくばっていくつもりだ。撮れたてホヤホヤライブアットゴイス12・9を配ります。khoomiisとしては二度目の作品である。ネットに配信していない曲もあるのでお楽しみに。結構おススメ。無料予定。
ライブ音源を聞きためていつかでるであろうスタジオ録音音源を期待しててください。

思えばこのバンドも色々あったなー。色々あった話はここではしないけどめまぐるしい展開やったな。初ライブから5ヶ月ぐらいたって、その5ヶ月の前半あたりは僕は個人的に作業に追われていた。曲作ったり歌詞作ったりライブハウスに挨拶しに行ったり簡単なホームページ作ったり鬼の練習を行ったりと。飯食べるのも面倒くさくて寝るのもなんだかもったいなくて、大体そのような生活続けていたら痩せてしまったり、痩せたねといわれたり。
とにかく曲や!って事で毎日一曲作ったりして、採用したりボツにしたり先延ばしにしたり、今は候補ストックがたまっている。

HARD BEETって曲は2曲目ぐらいにバンドで作ろうとした曲やったかな?当初は激しい曲だけに自然に激しくしてしまい結局まとまりがなく一度ボツになった曲だ。
んでこれを蔵からまた引きずり出し作り直し残りのアレンジはスタジオで試行錯誤し、ついに完成させた時は感動であった。この曲はそんな曲。

good newsって曲はこんなんあんなんしたいという願望から生まれた曲だ。ベース浦田にこんなん雰囲気で弾いてと注文して、そこにすごく単純なリズムを乗っける。僕の中ではポップ概念とそのひねくれ精神がこの曲には入っていて、なんとも不思議な曲になった。後半は上がる。
この曲をスタジオで完成したときは嬉しかったのである。khoomiis後期の名曲(5ヶ月間の)

新曲また作ります。今のset listがこれは外せない曲ばかりで、なかなか難しいですが、今のset listに負けんぐらいの曲をなんとか作り上げたいと思います。これは頑張らなければ。
何せ今はバンドメンバー全体がのってきていると個人的に思っています(音源を聞く限り)。この状態で次のライブに出演しますので、見に来てほしいのです。

昨日ギターを弾いていたら愛用のテレキャスがこの前のライブで破損している事にきずきました。トーンを調整するツマミがギター内部に埋まってしまっていた。
それでもきれいな音が鳴るマイテレキャス。流石である。愛情あってこそ丈夫だ。いつも投げてごめんなさい。矛盾するようですが今のギター愛情もって弾いております使用しております。
ジャーマンスープレックスは綺麗なほど芸術でダメージもなく、投げなれていない人のジャーマンスープレックスはなっげぱなしがちになってしまい受身とりづらいのです。よって結構効く。そうゆう感じである。
テレキャス君。いつもいつも申し訳ない。

ポップソング

20071211082405
レッチリいいよね。今さら!?何を言うっ!って感じだが。
あの四人がそれぞれ神的に上手い所が一番好きだ。全員目立つとこも。大好き。
理想です。

ホーミーズにはポップ、パンク、ロック、ハードロック、ファンクな要素が多分入っておる。ひっくるめてロックと言っていますが。というか他の要素も入っておる。音楽は音楽やスタイルですが。

曲作りいつも楽しいです。最近は曲一つ一つ進化しておって、それに合わして新しいフレーズが生まれたりして、そういうのんは楽しいですね。最近はツボをつくフレーズを良く弾いてくれる上枝と結成当初から無口なストイックでドリーマーなベーシスト浦田や原始的(良い意味)ドラマー伊藤ちゃんのジュラ記から平安時代のかけ上がり具合なんかは見事である。
僕にとっては5回目のライブはとても重要な物で意味があり、1つの区切りやと思ってやってきた。それは1つ刻みで。

言うならば一回目も二回目も三回目も相当重要ターニングポイントという事に。
次は六回目のライブ。10回目のライブはどこやろな?いつやろな?10回目とかどないなってるんかな?非常に楽しみだ。
一回一回大事にライブをやって、お客さんと一緒に素晴らしい空間を作ってその日を待ちわびたいでございます。

アンケートも書いて戴いてありがとうございました!アンケート素晴らしいです。非常に参考になりました。

アンケートを書く事によって明日のイカの未来が決まるわけではないけど、アンケートを書く事によって私らホーミーズの未来は明るいです。

ホーミーズをよろしく!

写真はまれにみるファットな後輩と僕

ライブatゴイス

やってきました。ライブを。ライブatゴイス。
本日のライブも実にお色の濃い(対バンとか自分らのライブとか)内容でした。
出演者の方達は全員友達になってほしいぐらいですね。

我らホーミーズはライブをやる事に課題を自ら見つけ、日々回を重ねる事に精進している。それはもちろん未熟者ながらという意味で。
例えるなら日々、見た目が綺麗な野菜にこびりついた農薬を洗い流してる感じ。
たどり着く先は人の前でも平気で裸になれるほどの自由とまでもいかないが、それに近いぐらいの紳士にはなりたいものだ。
本日のライブは前回と大体一緒のセットリストである。僕らからしたらそれは挑戦であり実験的であった。曲の本来の姿を見い出す為に日々……いや、そんな事よりも、今日は見に来てくれた方、誠にありがとうございます。毎回毎回お客様の暖かさには心底感謝しています。本当に最高!これからもよろしくお願いします。

対バンに刺激される。己のカオスをアニソンで表現してる方や、エレクトロなサウンドに合わせ風船で犬を作り、その作業を集音された方や、カオスパッドやシンセサイザーやパソコンやテルミンで繰り出されるダンスナンバーに合わせ、素晴らしい美しい歌唱力でピースフルなライブをする方や、極上のギターポップを見事に演奏される方や、他にも色々。

こういう個性豊かな皆様の演奏をお客さんは見ていただいてなんだか嬉しいです。はい。

やっぱライブやね。やっぱライブやね。が、口癖でもいいぐらいライブには言葉で表せないぐらいの何かがある。鳥肌がたつのもライブではもってこいである。

話は代わりライブ前に近くにある市役所にビール片手に入り、21階ぐらいまで行き大阪を見下ろす。古墳があってびっくりした。教科書にも載っているかの有名な古墳だ。それを見ていたらギャグが思い付いた。とてもいい収穫になった。

次のライブでは思いきってやってみようかなと考えたが、あまりそういうキャラではないので、検討します。次のライブはアメ村シンカグラです。12/23。

もっともっと貪欲に行き、メンバー一同練習を積み重ねライブに望みたいと思います。

では、本日はありがとうございました!
音楽友達募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。