朝本日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集作業

ストイックルームにお忍びし、KHOOMIIS音源、動画色々と編集する。ムービーメーカーやビデオコンバーターやキューベースソフト等にお世話になる。

編集作業なら任せろという方、僕よりマメだと思う方、いつでもスタッフ募集中です。

只今KHOOMIISライブベストアルバムを作成中です。それにあたって音楽編集を行っていますが、編集自体は一本のライブ音源を一曲ずつわけているだけで、音やパンは一切いじっていません。
これぞライブアルバム。KHOOMIISのライブを生で見てるように感じさせるという魂胆です。

そしてベストアルバムは良心的やからこそベストアルバムなのです。会社が作るんやなく、自ら選曲し入れ込むのである。

このライブアルバムは7月から登場すると思います。

ぶっちゃげ全部ベストなんですが…

これまで配りまくった音源より新しい音源が出ると認識して下さい。

町で見かける中途半端にレコーディングされた音源よりはるかにかっこいい音になっています。

よろしく!


これまでに約150枚ぐらい音源を配ったんちゃうんかなと思うんですが、そのCDを持ってる方も、そしてそれをiPodに入れている方も、さらに鋭い音源を手に入れにライブに足を運んでみて下さい。


次のライブは7/6 本町クラブマーキュリーです。対バン食うぜライブ!どしどし足を運んで下さいね。
多分ええバンドばっかでると思うんで&良心的な価格で提供しますのでどしどしお越しくださいませ。

良心的ストイックアルカホリックストマックバンド、KHOOMIISをこれからもよろしく!


話はかわり、最近新たな曲を作る為に、常に部屋を掃除しています。
環境を少しかえ、シビレル曲をこの部屋でカキタメマス。
掃除してて思ったんですが、綺麗な事に悪い事はないですね。

あまりに部屋が綺麗やからひよこを放し飼いしてもいいんちゃうんかなと思っています。もちろん僕基準の綺麗さなんですが。


7月もプロモーション期間にします。
どこかでKHOOMIISですと言われた方。それ僕です。


いつも本当にありがとう!

スポンサーサイト

6月ライブの締め括りはRHBにて

怒涛の月4ライブ。

6月はひたすらロックやった。
ロケッツでは機材トラブル&ロックスタイル

イズムではついにシールド壊れる&膝に爆弾を抱える。

ゴイスでは前日に7mシールドを買う。ステージからアメリカまで移動することに決意する。可能にする。&熱狂的ライブ。

そして本日。ロックのみをやる。
ステージからアメリカまで移動しようと思ったがいかんせんマイクが伸びなかったので、フロアのちょっとした所まで移動する。

アメリカまで移動する予定だ。


グッドニュースという曲は何かが生まれる曲と覚えてください。

6月連チャンライブはKHOOMIISにとってすげーかった。

7/6はクラブマーキュリーでは2バンド目と少し早めやけど一緒に事件おこしましょうよ。
7/6はどんどん来てください。7月はこの一本です。お見逃しなく。

打ち上げに西川くんとコンソメポンチョとアンダーナインと打ち上げを行う。


僕も含めてだけどみんな若い!

ヤンキーの町

6/25
ブロッキングテディーのライブわ見にSOMAに。アンドノーモアのライブを見にクラッパーへ。

SOMAはでかかった。
クラッパーはええとこでした。

まったくKHOOMIISは出演していないがビラを配ったのである。

ドロップに挨拶に行き、ホカゲのバーでザ・ウォークのメンバーと再会。

オールでいくのりやったが急に部屋の掃除がしたくなったので結局帰る。

行きも帰りもワイルドハーツの超大作イングロリアスを聞く。
僕が思うにワイルドハーツのこのアルバムはどんなポストロックよりも難解なのではと思う。

知らない人は是非一度聞いてみてください。一家に一枚。ワイルドハーツ。


あ、そういえば今、むしょーにバイオハザード4がやりたいんです。
持ってる方いらっしゃらないでしょうか?
いれば貸してください。

鳥の話。


昔、実家に市販の鳥のの巣をベランダにおいた事があって、ちらほらそこに雀が集まるようになったんですが、なんとある日そこに卵を産んでいたのです。
すげー鳥ってすげー。鳥ってかわいいー。って子供やからなるわけでして。
それでその卵を何故か父さんが手にとって、何かの事故で卵を割ってしまったわけです。
それで唖然となったんですが、それだけでは終わらなかったんです。

次の日ぐらいに朝、小学校に登校する度、夕方下校する度に、おそらく母雀、父雀からのクチバシ突進攻撃をしばらくくらい続けたわけです。

まさしく鳥の恨みですね。

怖かったです。

急死に一生というのを経験した事があります。
僕の実家の裏の山でターザンが流行っていて、文字通り木のつるにぶらさがって向こうの木に着地するという本格的なターザンです。
下り急斜面に向かってターザンは発進するんですが、進めば進むほど死と隣り合わせなんですが、あろう事か、普段怖くて距離を制御してたんですが、思いきってバーンっと加速つけて飛んだら、もう未体験ゾーンに突入していて、あまりの高さにびびって手を離してしまったのです。

手が離れて、背中から墜落してる時、あかん僕死んだと思い、それで短い8~10年間の人生が走馬灯のようになり、その後ドーン。


偶然にも枯れ木や枯れ葉の密集地帯に落ちたので助かりました。
お~死ななくてよかった。

それを期に何事にもダイブする事を誓ったのはいうまでもない。

生まれてきて中で

6/25

生まれてきた中でこんなに掃除した日はない。部屋にある全てのゴミをくまなく探し捨て、いらない物を全て自己判断で捨て、掃除機をかけ、部屋中を布でフキフキする。

昨日の夜からやり初め、朝起きて学校に行きすぐに帰り、掃除をし、実に8時間部屋と戦ったのである。

今日の掃除中に探していたあふりらんぽのCDがでてきたので大音量で聞き、また掃除中に探していた銀杏BOYZのCDがでてきたので大音量で聞き、掃除終わりにご褒美としてYESの1stをじっくり聞く。うん、素晴らしい。
ピクシーズ、イエス、ニルバーナ、レディオヘッド。少し新しい目ではコールドプレイ。僕のはまりこんだミュージックです。

掃除をしていたら、地元写真の束があったので見る。ほとんどフジロックの写真であるが、同窓会の写真があって初めて付き合った人との写真や、幼なじみ(幼なじみの基準は今だ不明)の女の子との写真があった。

いったい今は何してるだろー?ってなりました。懐かしい。


話はかわり、猫の話。
何かを読んでなるほどそうなのかとなった話なんですが、
猫の死の決意は揺るがないという話。一度自殺しよと思ったらその意思は強いみたいです。

ある猫を飼う家族。ある日、親ネコの子猫が不慮の自己で亡くなってしまった。
そしてある日家族が近くの海を散歩中、飼い猫が海(川やったかも)へ突っ込んでいくのを目撃。
慌てて猫を助け、家に連れて帰り何事もなかったのようにニャ~ニャ~と鳴く猫。
もう安心やと思い目を離した時、猫は姿を消し、見つかった場所はやはり海でした。猫は自殺したようです。


う~ん猫に聞いてみない事にはわからないですね。


全動物の共通語があって動物と話せたらいいなと思う時がある。
思って思って思ううちに、あ、よくできてるなと思います。

思ったのは各動物多分違う動物の言葉がわからないからこそ、いわゆる食物連鎖が成り立っているのかもしれませんね。

それとも人間意外は、皆会話しているのかも。

う~ん猫に聞いてみない事にはわかりませんね。


幽霊見える人がいるんやったら、動物と喋れる人がおってもいいと思います。


ちなみにカバってめちゃくちゃ早く走る事ができるそうですよ。

ぶっちゃげアリクイに遭遇したら気絶するかパニックになる自身があります。

今の発言により、皆アリクイの姿、存在を思いだし、アリクイは今年流行る。

アリクイの情報求む。

ギターロックである

練習。練習。まだまだやらなければいけない事がある。練習に練習。辿り着く所があるはずや。
日本はイギリスやアメリカに負けないでほしい。ヨーロッパじゃ芸術家には援助金が送られるらしい。スタジオは無料という噂も聞いた事がある。

それは多分本当やけどそんな事もなかったりするかもしれない。

日本の音楽は先進している気がする。
メジャーだけ見ていてはわからないが、インディーズにゃもの凄いのが一杯おる気がする。
音楽は共通スキンシップであるから、良いものです。

アメリカやイギリスに現地調査や。

はてさて、そういえば地元、高野山にてオニババという妖怪を見た事があります。
般若仮面を被った女性を雷の嵐の夜に平屋のおばあちゃん家で夜中3時に見た事があるのです。

何故かおばあちゃん家なのに僕とおばあちゃんしかいなくてその夜に起こった出来事である。

鳩時計が三回鳴き、その鳩を見た後に寝室に戻り、寝室から見える窓の外にそいつはいたわけです。

不思議とそこに怖さはなかったのです。
思い返せば、子供は純粋である。ひねくれもなく現実をちゃんと見つめた結果、般若と遭遇できるのである。

岩のでこぼこが、パンや何かの食べ物や人の顔に見えたり、雲が恐竜に見えたりと、子供の目には確かに見えているのである。

純粋です。

でも般若は般若を見て般若と認識したわけです。

子供の時は貴重である。間違いなく今の自分を見事に作り上げている。
転び学び痛い目にあい学び幸福から失楽する度学び、血となり肉となり…。

今まで22年間、この体で人生やってきた事を凄いと思う。この体で22年間耐え抜いたダメージなんか考えるとゾッとする。凄いわ命というものは。

未だに仕組みがわからない。
何故それぞれの人生がそれぞれの視点で繰り広げられるのか不思議である。

たまに、これは僕の夢の中の世界で、登場人物を僕が作り上げてるのかなとも思う。
きっと誰もが一回くらいは考えた事があるはずだ。

結局考えてもわからないけど、そんな感じで命って素晴らしい。

簡単にそれを奪う事は許せないと思います。
僕は死なずこのグルグルした世界をいつまでもグルグルしながら、大人になっても純粋に生きていきたいと思う。


あ~犬ってかわいいな。

夢の中

夢の中でウルフルズの歌を僕がライブで歌っているというていで僕が歌ってた曲はかなりの名曲であった。
でもウルフルズの曲ではなく僕が夢の中で作った曲なのである。
すぐに忘れる。


超絶ギター練習をやりつつ、曲を二曲作る。
一曲は不動のギターロックな曲、ポップである。KHOOMIISにはまだない。

も一曲はグランジ気分。アバウトアガールを沸騰させる、US、UK、日、ごちゃ混ぜである。

という感じで作る曲がだんだん大人になっていっている。


最近、芸大生さんと良くあいます。対バンや、クラブの人、クラブのお客さん、ホットなバー等で。

やはり個性的な人が多く、見た目だけで結構わかります!
高校の頃なぁんとなく芸大に入るのもいいかなって思ってた僕なんですが、どんな試験やったんですか?

今年は芸大学祭いく予定です。毎年誘われても知らん間に終わってる芸大学祭。今年はいきます。

一度行った事がありますが。お店だらけで怖かったです。

あと母校、阪南大学文化祭ってのもあって、今年は無茶な4日間あるらしいです。

先に後輩たちに言っておきますが、朝本出演します宣言です。

相棒、小西ケンタと変な事をしよう計画進行中です。

それにあたって間違いなく迷惑はかけないと思います。


変な人フェスよろしく。


6月は月間プロモーション期間です。
マイスペなんかでオススメアイライクなアーティストをばんばんフレンドになってもらってます。

インディーレコードからしばしば連絡きてるので、この際送りまくります。

あと色んなライブハウスにも。ガンガン。


お陰さまで各方面から問い合わせがちらほら来てます。

ベースオントップが配布している6月号のライブ日程誌の付録のCDを聞いていると一曲もの凄い曲を発見しました!

こういうプロモーションにもKHOOMIISをひろってあげて下さいね。よろしくです。


では。

そして大正ぺろりへ

そして、サオマイで出会ったるんきょんさんや、友達が友達らしいフミちゃんが出没する営むバー、大正ぺろりアニバーサリーに行く。

大阪をサイケでかっとばすアーティストたちのゆるいDJに人が集まる。
人が集まる集まる。下は16才ぐらい、上は無限大、外国人、エレガントな女性、RHBの岡さん。

クリトリックリスを見る。
僕は気づいたんだがスギムさんの声が好きです。
僕が個人的に大好きな、京都弁を喋る人みたいな感覚に近いです。
「あんなぁ」とか「おれなぁ」とか「おおきに」とか京都弁にゃなんかどんなタメ語にも不快さがないんですよ、僕的には。

クリトリックリスは京都弁を喋るわけじゃないが、なんかそういう感じの声の魅力があるなぁって思いました。
今回はトークのみだったんですが、見てる人からしたらいつも通りに近く堪能できました。そしてちょっと感動しました!泣いてる人を一人見ました!すごい。

RHBにて9月頃ではるらしいんですが、同じ日にKHOOMIISをだしてくれぃと岡さんにお願いしましたが、果たして結果はどうなるでしょうか?久しぶりにがっついてしまいました。

ちなみにホーミーズというバンド名のホーミーは僕らの意味的にはモンゴルの人が出す発声法の事を示すのですが、
九州の人はホーミーって聞くと女性器の事らしいです。
つまり、クリトリックリス&ホーミーズ…。もの凄いコンボだなと思いました。


不快になられた方すみません。
ちなみに僕は日常生活に下ネタはあまり取り入れてません。

今日はKHOOMIISの第二のメンバー西川くんと後から上枝合流という形でした。

上枝から電話かかってきて「場所どこですか?」って言われた時に、電話しながらも上枝がもう見えてたんですが、「こっちやで」って言うたら「わかりました!」って言ってどんどん離れてく上枝を見て、面白かったです。
そういうのあるよね!

その後、クラブビジョンへ行き、その後、たこ焼き居酒屋に行き、その後、ビリヤードして帰る。


帰りにCAKEの超絶ギターテクニックを聞き、久しぶりにギタリスト魂に火がついた。
今から寝て、起きたら、全パート耳コピを目指して、やります。

KHOOMIIS的ブルースやロックンロール等も今後作成予定中。

十三ファンダンゴ

十三には生まれて始めて訪れたが、通りすぎる女の人がだいたいかわいい事以外は大体街は狂気と化していた。
酔っぱらったリーマン、占ってるのかわからない占い師、ホステス、タイ式マッサージ。都会には色んな色が混ざってる気がして、赤とか黄とか綺麗な色もあるがいっぱい色んな色が混ざっててよくわからん狂気の色となってる気がしなくもない。

話を元に戻し、ファンダンゴにてキングブラザーズのライブを見に行った。サイトバイオグラフィーでお馴染み、朝本6・1事件にて、キンブラのシンノスケさんと少し仲良くなり、キンブラにまさかのベース加入をどうしても見たかったので見に行きました。
ファンダンゴにいけばすぐに再会できて嬉しかったです。RHBでレモンズチェアーさんと共演した時にドラムを担当してたタイチさんとも喋りたかったが、機会はなかったのである。

キンブラのライブでこの上なく爆音を浴びる。あれは爆音である。ひとが壊れるぐらい。
キンブラは化け物である。

音がとんでもない事になっている。

見終わった後フラフラした。完全にやられた。


さて、KHOOMIISの印象は大分かわったぜと色々な人から言われます。もう15回ぐらいライブやってるしね。
毎回ビデオを自ら撮影してそのライブ映像を夜中に見ているが、変わる様子は僕にはチェックできなかったが、僕自信KHOOMIISは変わったと思います。それもかっこいい方向に。
ええこっちゃ!
6月は4回ライブにてその6月ラストパーティーは日本橋RHBにて行われます。
すってん転がり続けるKHOOMIIS
コーラスがいつまでもできない、できようとしないKHOOMIISをどうぞこれからもよろしく!

そういえば2

僕が大学に入学して軽音楽部に入部した一年後に伊藤という男は入学し愛する柔道に終止符を打ちそして何故か軽音楽部に入りドラムを始めたのである。

確かそのデビュードラムライブを見たが、大変下手であったと思う。確か原始人ドラムな片鱗は見せていた。

それを見て、別にわざわざ一回生と組む必要はあまりなかったんですが、第二回ドラムライブは僕とやろうと考え、当時人柄的に人気だった伊藤という男を熱いしつこい勧誘で招き入れたのである(部はライブ事にメンバーが変わる仕組みとなっています)。

コールドプレイのコピーです。僕はなんだか偉そうな先輩が不信やったので、二回生二人一回生三人という編成であった。
が、伊藤という男は当時4ビートも叩けない腕前やったので、休み時間を見つけては朝本指導を受け伊藤はドラムを叩いていた。
他のメンバーにもアコギやピアノを少し教えていたが、少し割愛。
僕自信、どれぐらい自分のエゴというものを後輩にぶつけていいものか分からなくて悩んでいたが、良い物を作りたいという意思は強く、そして後輩は必死で頑張ってくれたのです。嬉しい事ですよね。
全く経験が浅いメンバーを集め、練習をネリアゲ、後にも先にもこれほど熱心に挑んだライブはとてももの凄いものになった。
その一年のベストギグである。
うん、ほんまに凄い事をしたなと思っていた。

そして一回生として立派なドラマーとなった伊藤という男は立派に去っていった。
が、どうやら成長速度は減速しているよには感じとれた。それっきりバンドを組む事は学祭で大量に組まれるバンドの1つぐらいであったし、喋る機会も凄く減ったのである。

2年の月日が流れ、KHOOMIISを僕は組み、浦くんが脱退し、誰かいないかとなった時に、ドラムの腕よりかオリジナルを伊藤をやらせたいなと思い立ち、まったく最近喋ってなかったが、「もうライブが決まってるんだが、サポートやってくれ」と頼んだらあっさりOKであった。

そこから現在伊藤という男は、KHOOMIISでスネアとクラッシュをだいたいシバキマクってRHBのアイドルまでにのしあがった。現在も修行中である。
僕が思うに非常にKHOOMIISっぽいドラマーである。

関係上で言うとメンバーは後輩となるわけです。


という感じで上にあげた事がなかったら少なくともKHOOMIISはないわけである。

そういえば1

バイト中昔を思いだしていた。

今から二年前の春頃恐らく浦田&上枝は某大学に晴れて入学し軽音部に入ったんかな?多分そやったかな。
それの新人ライブを春に僕は見に行ったのだが、
上枝という男がすごくダサいそれも何故かベースの弾きかたをしていて、軽音界に衝撃を走らせていたのだ。
こいつはあぶねーのが現れたなと思った。髪を切るときにかっこいい髪型にしてくれって頼んだら、普段とかわらん髪型になったというイメージがある。
その春に浦田という男もいたが、眼鏡やった。

んでこっちがメインなんだけど、僕はそれぐらいの時期に前やってたバンドが解散したんですよね。僕はギターを担当してました。
僕は進路に迷いつつも絶対今、バンドやっとるはずやと考えていたので、おもいきってギタボをやって、ギタボとして物足りないバンドばかりなら、自分がやって理想の音楽をやろうと思ってました。青い考えですね。でもずっとかっこいいというのがコンセプトやった。歌はその時、今よりも最悪に音痴やった。

とにかくやるしかねーと思い、同時期に軽音学部(彼らとは違う学校です)にて大きいとこでライブをやるから、おもいきってギタボとして出演した。150人~200人の前で歌い散らしたのであった。ラプチャーを。

軽音って普段あまり見てる側も基本的には直立スタイルが何故か多いんですが、その日はまるで夢のようであった。
コロシアムみたいなとこでだいたい皆が僕の真似してハンドクラップしてるやん。という感じであった。

その経験から僕はやろうと決意したのである。

で、何日かたってから彼らの大学と飲み会があり、いわゆる後輩からあの時のライブは良かったぜ!っと言ってきてくれた集団の中に浦田か上枝はおったと思う。浦田は眼鏡であった。そしてこのバンドもそうやけど彼らの大学は名前があ行ばかりなので覚えにくかった。浦田、上枝、浦、上山、小川。ややこしい。

その後に見た上の人達のライブはとても凄かった。そのバンドのあのライブが今もやってるが一番良かった気がする。
革命やーっと思いました。


他にもあるが、ここで書いた出来事がなければKHOOMIISはなかったと思います。


他にもあるんですが。
その時期はそれなりの闇と戦っていた朝本です。

6/17

新曲が何か良い。だから次のライブまでに完成させる予定だ。
動画編集等したりする。

ここ近々奇妙な事件が世の中に起きていて本当に悲しい。
僕はネットの匿名性を理由にあらしを行う人を好きになれない。
言いたい事を言うというのは凄く良い事だと思っているが、何か違う気がするのは僕だけだろうか?汚い言葉は本当に残酷やなと思う。できる事ならなくなってほしいと思っています。

とにもかくも日本だけを見てもおかしくなってきているのは間違いない。僕はこういう事に対して無視するつもりもない。そして僕が正しいと考えるつもりもない。マスコミなんかに関してはもう何も信じれなくなっているのだ。

普段見ているニュースはどこからどこまでが本当なんだろうか、と常に考えている。

そういう事を寝る前に考えている。


一度東京には今年中にいく予定だ。
どうやったらバンドが東京でライブができるかの仕組みがわからないが、とにかく行くと思います。行って何かをして帰ってきます。
もし東京行ったさいには来てください。
しかし車の運転どうしようとか考えている朝本です。


今日はすごい文章が飛びまくっていますが、先日のライブとても面白かったです。
あの素晴らしい時間をずっと続けていきたいなと思っています。

ありがとさまです!

4周年&1周年@GOITH

20080616122308
20080616122305
只今。橋本さん家に泊めてもらいました!

昨夜のライブはロックナイトであった。来ていただいた方にはわかると思いますが僕は物凄く喜んでいます。みんなありがとう!


昨日はSEを用意しました。ホーミーズにとっては久しぶり。くるりとザゼンとティーンネイジとイエスにお世話になりました。ありがとう!

大盛り上がり大盛り上がりだ。KHOOMIISは大盛り上がり大歓迎である。これからもっとみんなで楽しもうじゃないか。

いつまでも良心的なバンドでいます。いつでも待っています。昨日が初めてであった人は安心してもう一度もう一度と来てください。ずっとかっこいい楽しいライブするので。
チケットがたけーって思う方もおっしゃって下さい。

できるだけ良心的な答えを出せるよに頑張っていきます。とにかく来ていただけるのがほんまにうれしいです。
これからもKHOOMIISをよろしく!


さて、昨日のイベントは橋本という男が全て仕組んだ(もちろん他のゴイススタッフさんも大活躍)のだが、昨夜のイベントそうそうたるメンツでした。

特にKHOOMIIS、rega、GIZMOの流れは音楽好きにはたまらん流れでした!沸き上がりまくりでライブめちゃ楽しめました。

ゲキシブバンドregaはもう凄い、怖い、変態、かっこいいである。二度目のタイバンでしたが、激しさが増しててもう反則でしたよ。新曲かっこいい!

アンダーナインも相当気合い入ってて、いつもよりかなりかっこよかったし、葡萄屋さんが3バンド目というのもやけにかっこよかった!すごい空間を作ってくれました。

GIZMOはマッシブで見て、念願のタイバン。不思議と激しい感じがGIZMOなのです。凄い。
そう、知り合い多かったのです。嬉しい事です!

アーティファクトは真ん中でノリノリ、フォーティーンデイズは一曲聞き、後、僕ら楽屋でしみじみ聞かせていただきました。コンピューター凄い!でもUKな感じ!(カタカナ表記でスミマセン…)

という感じで、ナイスな夜を過ごしたのでした。


写真は、打ち上げにてrega竜二さん
昨夜のライブを仕組んだ男、橋本さんがテキーラと戦い続けた勇姿と惨劇(ほんまにありがとうございました!)。

論理解体

新曲は曲者。
練習中メンバーをダークフォースに導こうとする危ない奴である。
一曲の練習に二時間を費やした。何度もやり何度もやりメンバーが真っ白になってもやり続けたのである。おかげで新体制が完成に近づいた。
あとは本番までに各自修行という感じである。
新曲は駆け出しであるが演奏者がテンションが上がるナイスソングである。

つまりメンバーにゃ当日は良い体調やったら良いなぁと思ったのである。存分に睡眠をとってください。


では明日ライブで会いましょう!

心斎橋に出没

6/11

ガールと浦田がハイロウズをやるので見に行く。
やらなかったがミサイルマンが聞きたかったのである。
非常にオモローであった。
たまにゃ前でも見るか、という感じで前で見た。

同窓会が予定されていて帰ろうと思ったが、他大学の後輩から見てくださいと言われたので、見る。
見てねと言われたら気になるから見るよにしてます。

ちなみにやましょーという人物がいるが彼はイケメンだ。大学界でもメジャーにそまらずどんどんアングラ界にいってくれ~って思っています。


その後は同窓会である。
大学の友人と久しく集まる。皆頑張っているようで即発されたのである。ちゃっかりおごってもらいました!ありがとう!

伊藤の宅に裸の王さま健太と行き。
トランプ負けたら焼酎白水よゲームをやる。見事瓶を空ける事ができた。
が、裸の王さまは生まれたままのハダカになっていた。
ネオスカム!


6/12

夕方までダラダラ過ごす。

浦田とツーマン練習。新曲チェック等を行う。
新曲は曲者である。

まじめに練習をしていたら外から女のあえぎ声が聞こえてきて、窓開けてみたらジャックジョンソンみたいなサーフな感じの音楽と同時にあえぎ声が大音量でどこからか聞こえていた。

完全に音漏れてます。
まぁそんなに嫌じゃないんですがね実際。好きでもないが。
とにかくはんぱなかった。二度目である。


新しいシールドは7メートルです。これでステージからアメリカまで移動できる。

嘘はここぞという時以外一切つかないでおこうと思っている。

その変わりに冗談をよく言うが、気にせず聞いてくださいね。

紳士論その1を紹介いたしました。

アナーキーインザムジーク

一人で音源を聞いてて思うがメンバーのリズム感が問われている。(僕は歌唱力が問われている)

考えてみりゃここまでリズムがずれるバンドという所は実にKHOOMIISらしい。

伊藤はハシリ、浦田はたまにすごくぶっ飛び、上枝は大体コンマ単位で遅れ、ときどき完全リズム無視奏法でメンバーのリズムをずらす(一曲だけやが)サッポウを使っている。

これは別に愚痴じゃないよ。こんだけやってきたらもう個性ですな。まだまだ若い証拠でもある。僕もまだまだ若い。その辺を踏まえてライブ音源を聞いていただけるとおもしろいと思います。
各演奏者のクセを見抜いてください。

しかしそれでも進化の目標ははっきりでている。それはリズム&センスなのだ。当たり前か。


最近は前から書いてる日記と多少かぶるが、知らない人にでも積極的に喋るようにしている。ようにしているといったら何か失礼だが、あまり意識せず話す事が最近できてきている。

会話というのは奥が深い。会話をしていると相手の性格はだいたい鮮明になる。

色んな人と喋っていて、そのしゃべり方から人間味を感じる事が幸せだ。

僕は喋りかたや雰囲気で好き嫌いとわけているんだと思います。多分それは悪い事なのかも。

以前バイト先で一方的に話をしてきて、一人で笑い、その武勇伝絶対嘘だってって思う人がいたが、その人が去っていった事により快適な空間を手に入れたと前に語ったが、僕は苦手な人がとことん苦手なのである。

経験上、音楽やっている人のその人の人生の話は面白い。何故面白いかはわからないが、多分みんな変な人やからかなって思います。
音楽やっている人は変な人が多いです。

そして大体いい人が多いです。

たまに悪い人もいますよ。

でも交際相手にはあまりオススメできません。でも付き合ってみれば新しい刺激になるんではないでしょうか。
同じ共通の話題より異なった話題の方が数倍楽しめます。

ってふと思い立ちました。


バンドマンがもてるって誰が言ったんでしょうね?

ビリーコーガンかな?
加山雄三かな?


とにかくバンドマンはもてない。

よっていい人ばかりなのである。


というか大体音楽関係の人とつるんでいるので、何の統計にもならないですね。

タバコ1000円はいかんでしょ

リベンジ

前回の料理のリベンジをする。ものの見事に成功する。いざ成功してしまうと少し寂しくもなる。

現在バイトがカラオケ店員やから休憩時間は一人でおおいにカラオケをしている。歌がうまくなりたいという願望のもとやっているが完璧趣味と化している。
そして良くZAZENBOYSの自問自答を歌っている。一人で自問自答を歌う事がかなり自問自答な気がした。
くるりの曲をかたっぱしから入れて歌ったりしている。理想のカラオケとはこれだと思った。
店内有線等を聞いていて、ここ最近はねちっこくストーカー気質な歌が売れてるんだなぁっと思った。
そしてそれが女心をキャッチしているわけだから世の中の女の子が全員ストーカーになったら大変だなぁと思った。
この世界の多くのアーティストの中、最近はスーパーフライとキマグレンを応援しています。逗子海岸に行ってみたいな。

上の新しい住人はどこか病んでいる。大音量で鬼束ちひろを流していたり、前の住人までとは言わないが、少しやはり変である。

あ~困ったなぁとたまに思うのです。

この連日のライブ出演により15日のセットリストが頭ん中で変更している。新曲披露も考えていたりと…。

さて、どうなる事やら。あと5日である。

個人的にTALKという曲かなり好きである。超シンプルな曲やけど全く飽きない曲である。
8ビートの練習にどうぞ。

ちなみに明日は同窓会が予定されている。

俺の料理

膝が屈伸運動をすると激しい痛みをおこし、バイトがらいちいちしゃがむ要素があるので痛い。自虐的とはこういう事である。

6/7

パスタをかなりいきった感じに作ろうと思い、キノコのようなモノを焼いて、パスタを茹でて、マッチングさせた。作ってる最中俺、天才やと一人うなっていた。料理をつくらないやつほど自分の料理を賛美しますからね。
そしてさらに半熟卵(乗っていれば無条件に若者の口にうまいといわす奇跡のトッピング)をマッチングさせようと思い同時進行で作る。
全ての行程が終わり、卵を乗せるその時がやってきた。
これが成功したら写メでもとってメンバーやガールに自慢してやろうと思った。
卵のカラを割り見事に中から完璧な半熟がでてきた。
それがパスタに乗っかった時にテンションはマックスやった。
なのに、卵がパスタに乗っかった瞬間、見事な滑りで皿を飛び出しそのまま流し台にダイブしやがった。

本気で失望感につつまれた瞬間だ。
あぁ、鳥よ、ほんとにごめんなさいと心から謝った。残す事が大嫌いやからなんとかして食べようと思ったがそのままスライディングして、排水口に入っていた。
もはやどうしようもなかったのである。

テレビを見れば新喜劇がやっており、この上なく完璧な演技やったので凄く感動した。お笑いは奥が深い。

最近は酔っぱらったおじさんと積極的に向き合っている。
自転車で走行中、前の酔っぱらいサイクリングおっさんがこけちらかしたものだから助けた。
助けてる時、何台も自転車や通行人が通ったが冷たい目でそれを見、去っていく。
みんな急いでいるのである。そう思った。
僕はその時は急いでいなかった。

電車内では間違って親切にしたため社内に迷惑をかける始末となって反省している。

ライブ中やこういう人に向き合う事に対しても常に真剣にいかなければいけないと思った。

先日のライブで初めて構成ミス(虫にやられる)をやってしまった。曲や展開の大体の指揮をとってる僕は、あららららとなった。

という事で集中だ。

どんだけ本能的にいこうが同時進行でこれから立ち向かっていく。

イズム二周年カオスティックライブ

おはようございます。いい出会いでした。

ますます荒削りなロックサウンドになっており、その音にその動きという感じにますます放出されていってる感じだ。技術が荒々しく(今回は特に僕)それでもそれでもやるよっという感じであった。機材のちょっとした事で音が出なくなるとかしょっちゅうやけど、あれは正直勘弁だ。願う事なら鳴り続けてほしい。でも鳴らなくても演奏がストップしないこのバンドは非常に大好きだ。


ロックンロールがやりたいという意思がだいぶ強くなっている。なんでもいいからとにかくロックって言ってるようなダサい人になりたくなったという事だ。しかし、それは間違いでかっこよくなりたいの。


頭も何度も天井にぶつかって、膝も何度もぶつけ今は物凄い痛みが残っているが、多分いい感じに回復するであろう。

次のライブへと繋がった。15日はとんでもなくいいものにしたいって二ヶ月前から何故か思っている。この15日に見据えて今までライブをやってきたかとなればそうでもあるしそうでもない。どちらとでもとれるのである。
今最近やってきたライブは結構前から決まってたから頭ん中で何度も想定して、15日はフィナーレという感じで想定されていた。珍しく度重なるライブの決まってる段階のシメ的な感じに想像する。
頭ん中ではとてもすばらしい事になる。
6/15 堺東には是非いらっしゃい。
100人くらいいらっしゃい!

そして今大阪で最も熱いライブクラブバーRHBにてのライブも見逃せない。

バイオグラフィー

最近マイアンプ買おうかなって思っておる。理想の音があるのだ。
髪を切った。美容室で。
6/3のライブで頭にギターが激突したのでたんこぶができている。
それを思い出した時は美容室でのシャンプーの時だった。
なんかマッサージみたいなんされるでしょ。あの時、指でガッと押さえられるからたんこぶに直通なの。しかも頭のど真ん中だから、大体軸になってずっと押さえつけられた。

かゆいとこはないが痛いとこはある。

だがそれは確かにイタキモチイイの部類に属した。クセになりそうや。

色々担当の人と喋るんだが、ワックスなんてつけないって話をしたら、わりと否定的であった。
ワックスはつけちゃだめだ。ナチュラルでないと。

KHOOMIIS練習。
ホットな新曲の初顔合わせ。みんな難しい曲なのか見事にリズムがバラバラであった。しかしこれはおもしろい曲になる。KHOOMIISで一番激しい曲にしたい。
明日のライブ練習。只今試行錯誤中。この前のTALK終わりは良かった。ハードDJがアンコールでオールニードイズラブを流すみたいな感じである。

セットリストを6月は模索しています。
つまり6月のライブは特に毎回違うライブやっているので毎回来てくれても最高です。
そういう面でも明日は楽しみやな。

ライブ@難波ロケッツ

難波ロケッツ。にてライブ。

ライブ中ピーピーマイギターが鳴っていたがすぐおさまるやろと思ってたらまったく鳴りやむ事もなくピーピー鳴り続けていた。

KHOOMIIS演奏とテルミンが融合したようなものだ。テルミンは癒し系やがピーピーは悪霊系である。人を不快にさせるのなんて簡単にできる凄い要素である。
もうこれは戦いだと思った。演奏してる側と聞いてる側どっちかがヘコタレたらそこでライブは終わってしまうと思った。

だからできるだけずっと客を睨んでいた。幸いにも退室する人はいなかった。僕はそれがすごく嬉しかった。

嬉しくてテンションがあがり、予定してなかった曲の前奏を弾いた。もうこれはやるしかないという感じであった。こんなもので終わったら何でバンドやってんのってなるもん。
だから苦し紛れでもなく今日は素晴らしい演奏ができたと思った。僕は僕の意見を大事にしたい。

今日来てくれた人、ほんとにありがとう。
当たり前だがもう二度とない演奏やった。

この感じが次へ次へと向かう糧になっている。本当にありがとうございました。

今日は小西ケンタ夫妻にスタッフになってもろた。演奏終わって、めっちゃアンケートとか配ってくれてるのを見て嬉しかった。
普段は撮影とかアンケートとかプロモーションとか全部自分らでやってますがスタッフさんの力ってのはいいですね。たまにお願いしますよ。
撮影もやってもろたけど最後に健太のちん○が映っていた。
なんでやねん。ち○こって。YOUTUBEみっちり編集しよ。


激動のライブ後、横のサオマイで打ち上げだ。
珍しくメンバーとKHOOMIIS談義をする。面白かった。店員さんと番号交換もする。

今は地元の野生異端児こと松尾の家で泊まっている。久しぶりにあったが相変わらずイケメンである。


おやすみなさい。

今日はライブよし見るよし

怒涛の30日から31日深夜バイト1日オールナイトでの奇跡を過ごした事により36時間ぐらい寝てなかった(僕としては凄い事)事により、その後大分睡眠をとった事により、ずっと起きてます。体調は万全。

寝れないと考える事を考えるに考えるので、色々考えて、色々な事を頭ん中でずっと想像している。

例えばホームページをおもろいもんにしよかなとか思ったり、KHOOMIIS専属カメラマンを雇おうだとか、死について考えたりとか。

あまりにも寝れないのでクリトリックリスさんの日記を3時間ぐらいみていたが、その中に人は失ってから気付くそのデカさという内容の日記で、バンドはいつ解散するかわからん、失ってから素晴らしさに気付いてももう遅い。だからライブに来てちょうだいという事が確か書かれていた。
それ見て、自分に置き換えてこう言えます。少しでもKHOOMIISに興味があったら、今すぐライブにきておくれ。いつ解散(永久不滅やけど)するかわからん。死ぬかわからん(死にたくない)。だからできるだけ見にきて欲しいという僕の思いを受けっとってほしいです。強制はしないんで見にきてね~。

死にたくない。死にたくないがいつ死んでも良い。でも死にたくないの。
この生きたいという衝動が日に日に増していく事につれ、人と人との口ゲンカ見ただけでも鳥肌がたったり、刺激的なライブを見てるだけでもソワソワしています。
だが、この体験により生きてる実感をフルに感じ取れたりする。

そういう風に生き続けて行く。

みたいな事を考えていた。

寝れなくなるのよね。

今日6/3 KHOOMIIS 難波ロケッツにて出演。
誰が来てくれるかわからんが体調は万全です。

寝よう。

バーganja16周年イベント

銀杏ボーイズ、オシリペンペンズ、ウルトラファッカーズ、クリトリックリス、ワッツーシゾンビ、neco眠る、アウトドアホームレス、猫ひろし、呉屋さん…等!

名前がもうアウトなライブを見てきた。
実際すごい事になっていた。


見ててKHOOMIISで出たら気持ちいいだろうなって、思って思っていてもたってもいられなくなった。出るよ。

終演後、正面から楽屋に忍び込む。
忍び込んで色々試みた結果、打ち上げに行く事になる。
まじか!ゴイステ&銀杏なんて、友達との「俺の方が好きやし」というくだらない合戦で絶対負けない自信があるほどだ。そこに行くのんかと思いながらおののいたが全然行った。
の前に猫ひろしさん、クリトリックリス、呉屋さんと打ち上げ。
猫ひろしさんの大ファンである僕は夢が叶ったー!って気分になったが、夢は宮崎あおいさんに会うことである。

そして本格打ち上げ。峯田さんは顔がでかいって思いました。
チン君は声がチン君でした。呉屋さんと三国志の話しててその話には知らなさすぎて全然ついていけなかった。
朝の5時までそこに集まった色々な人と喋りました。そして改めてキングブラザーズかっこいいぜ!ってなりました。ほんとありがとうございました。

呉屋さんは懐かしい匂いがしました。

今日に至る全ては呉屋さん捜索から始まったのである(過去の日記参照)

って事で銀杏ボーイズもあんな人も持ってるKHOOMIIS音源。ライブにて熱狂的配布中です。

6/3
6/6
6/15
6/29

色んなとこでライブします。ワッツーシゾンビさんにKHOOMIIS名前聞いた事あるって言われて嬉しかったです。

しかし最近バンドマンっぽい日常を繰り広げてる僕、朝本、楽しい毎日である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。