朝本日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャック

今年も一年、あなた。本当にありがとうございました!
来年はターニングな年になると思うので、1日一回はどうか思い出してください。

僕よくチャック開けっ放しで外出する事が多いんです。んで自らそれに気づき冷静にそれをいつも閉めてるんですがね。
そんな時、僕、イケメンじゃなくて良かったなと思います。

今日は、いつも日頃からドラマが良く起きる場所、ローソンにいつものように紳士的に行って、いつものように紳士的にレジでお買い物をしたんですが、会計を済ましたら、ローソンのおじちゃんがカウンターから出てきて歩みよってきました。

何にもしてないのに警察とすれ違ったらドキドキするみたいに、
あなた万引きしましたね、みたいな言われるんちゃうんかなと思ってドキドキしたんですが、

わざわざカウンターから出て歩みよってきて、「チャックあいてますよ…」
って言われました。

耳元で言ってきたのに声が大きかったので、店内の人には聞こえてたでしょうよ。

ちなみに僕はノーリアクションです。

ちなみにチャックが開いてても、車にひかれそうになっても、靴紐がほどけても、道端ですっころんでも、顔に虫の大群にやられても僕はできるだけノーリアクションです。

紳士は大変。ミスタービーンやブルースブラザーズへの僕なりのオマージュですね。


ところでチャックが開いてると、恥ずかしいという概念。僕にはありません。

僕自信のチャックが空いているとセクハラになるという概念も僕にはありません。


しかし男性も大変だ。
毎日チャックに気をつかい、髪の毛の匂いや、部屋の清潔具合や、汗の処理や。

女性ぐらい男性も毎日気をつかっています。
大変。大変。


しかし難しいもので、そんなものの努力とはウラハラに、イメージにより無茶苦茶になる事があります。

イメージって強敵ですよね。


最後に女性について。

基本的に僕は女性を尊敬しています。

男性と女性は同じ種族にしながらも、体の作りも違えば、考え方も不思議なほど違いますよね。

2009年は僕なりに女性にもっと紳士的になる事と男性にこそ紳士的に接すること、これ紳士を基本に、目指したいと思います。

来年キーワードは
富士山に昇る。
ミナミホイール。
フジロック
サマソニ
宮崎あおい
マイアンプ
マイカー
PS3
Tシャツ
ステッカー
音源
執筆


です!

また来年!

スポンサーサイト

追記

まあ昨日ね、人間は自分なりの抽象化をして、判断してるよねと言ったんですが

それって良いことですよね。
赤い屋根を見るとイチゴの味がしそうだとか、
そんな事から岩を見たらついつい人の顔を探してしまう人や。
車で時速80kmで窓から手を出し手のひらを広げるとおっぱいの感触がするという言い伝えや、

まあ割愛。


いいことですよね。

想像を形にって事ですな。


オールザッツ!


来年はコニシケンタくんにでてもらいたいものですね。


そんなコニシケンタくんは1/10にまんをじしてライブに出るみたい。

チクタクですよ~。


僕は見に行けないですが、誰か見に行きましょう!

のようなもの。

隠れ名曲ってありますよね。たまりませんよね。

レッチリのバイザウェイの日本版のボーナストラックのタイムって曲とか

レディオヘッドのOKコンピューターの最後の曲とか

ストロークスのスパイダーマンのサントラに入ってる曲とか

まあ、マニアからすれば、隠れ名曲どころか定番やん!ってなる、そんな個人の感覚はそれぞれなんですが、

なんか、これアルバム通してあんまり聞いてなかったけど、めちゃ凝ってて名曲やん!てなるのありますよね。

耳コピする時もこのような曲は非常に難しいのです。


いかに自分の耳が、普段聞こえてる音に対して簡単な図形に直して訳してるかがワイルドハーツを聞いていてわかります。

例えば本当は三角柱やのに三角としてとらえてる為、なんかあってるようで良く聞いたら違うんですよね。

そのことから耳や目や味覚や感覚など、普段どんなけ自分なりに抽象化してるんやろうと思いますね。


ん~神秘、神秘。


~のようなものが。いつか本当のオリジナルだってなる日もあるかもしれないです。

録画撮影することについて

まれにみる貧乏バンド、KHOOMIISですが、その傾向は見て現れます。
CD音源。これすごいです。CDR料金、CDケース料金、インク料金、CDを書き込む時間、CDにデザインをつける時間。膨大です。

て事でこの前のライブでは枚数も少なく、デザインもなく、ケースもなかったわけです。すみませんね。もしフルバージョンが欲しいかたがいればメール下さい。全て無料で郵送いたしますよー。

このCDもう500枚以上は配っていて、もしかしたらもうすぐ1000枚行くんですが、来年はもしかしたら新しい音源ができるかも、という事でこの無料DEMOももしかしたら無くなるかもしれません。

でもそんな時はメールを下さい。

正直、結構な良音でかっこいい感じです。


で、ですね。貧乏でもやってる事といえば撮影です。
毎回ライブやって、家帰って、テレビにつなげて爆音で自分のライブ堪能しています。
ビデオを見て、あぁここ練習したのにな。とか浦田の奇怪な指さしとか上枝のダンスを見て笑っています。

っていうのにも使えるし、

これからもずっと録り続けます。

録り続けて、総編集を作るわけです。よくそれを趣味でアイライクの曲に合わせて編集するんですが、気分はまるで映画製作者です。
それをYouTubeにのっけって全世界照準におおくりするのです。


日本、アメリカ、イギリス、と、やっぱりアピールですよ。

堺から世界へ、なんて言葉がありますが、セカイに行きたいですよね。

いまこうやってライブやってるだけで会った事も喋った事もない人の顔を見れて、喋れて、それだけでなんだか得した気分なんですが、日本全国や世界なんかにライブしにいったら、そりゃ新しい文化を体験できるんですよね?素敵な事ですよね。

僕は喋った事のない人と喋るのがとても大好きです。一人一人特徴的なしゃべり方、個性、それを目の当たりにして、ドカーンといつも衝撃をもらっています。

僕が今までつちかってきた常識と
あなたのつちかってきた常識。これにカルチャーショックなのです。
面白いなぁ、こんな人もいるんだなぁとか。嬉しくなるんです。

世の中のバランスがみんなによってできてるんやなと。


僕がピクシーズが大好きなら、大嫌いな人もいて、
僕が下ネタが大嫌いなら、大好きな人もいるわけで、

それぞれの人の魅力を生きてる限り、見たいし、感じたいし、ぶつかりあいたいなと思う人生です。

まだまだ死なない。死にたくないし、殺されたくない。
誰も僕を殺さないでほしい。

五体満足。

感謝している。

差別は大嫌い。だからしない。

こうやってたくさんの薔薇の中からたった一つの特別な薔薇が
特別に綺麗で愛しく感じれるのは、それは僕の人生なのでしょう。

僕はあなたと二度目会う時をとてもとても楽しみにしてます。

今はニューオーダーをできる限りの大音量で聞いてます。

そのスピーカーの前には一本のバラがあります。


UNDER NINE VS KHOOMIIS

The Spring Summer
裸体
Urban Midd West
Crackey
カゼソバヘ
KHOOMIIS
VS
UNDER NINE

っていうことで。
まぁ闘ってないんですけどね。良きライバルです。ほんまに。

今考えても異種格闘技みたいな感じやった。

僕たちのバンドはキャラがおもろいです。
特に伊藤は面白いですね。
浦田も捨てがたいです。
上枝もそんな感じです。

浦田が時々、謎の行動を演奏中に見してくれます。

バシッとドラムを指指すんですよね。バシッと。
過去に二回ぐらいそれを見ました。

伊藤さんは、時々立ちます。

上枝は最近僕がMCをしているとき、ギターを床に置きます。

いろいろなんだかんだで定着してきている要素がいろいろあるので、それをみつけてみいてください。

ここのサイトにいらしてくれてありがとうございます!

setlist
1,alternative dying man
2,虫にやられる
3,TALK
4,Ilike music & I hate your Monday
5,Good News


でした!

また書きます!

クリスマス!

みんなそれぞれ勝手な事をしよう。の日。

ほおばったチキンのボーンを道路にくれぐれもお捨てないように心掛けてください。

僕は明日も生きてる事をここに誓います。

2008.12/24
朝本 貴彦

最近マッシブが発行しているマンスリースケジュールの山野コラムにはまっています。

おもしろい。

まれにみる、奇人です。

また12/22の出来事の日記書きます!







映画のように

まるで印象深い夢を見た。

深夜、何かの打ち上げを抜け出し、その建物の地下のビデオ試写室に僕は行っていた。(現実はそんな所に行った事は一度もないし、これからもない)

その試写室の個室で、今日やったばかりのKHOOMIISのライブのビデオをぶちこんで、それを見て自慰行為をしていたんです。多分ライブ映像見ながらちゃう事考えてたんだと思いますが、夢ってなんでもありなんですよね。
上はパーカー下はトランクスという状態でトントンとノックがなったので扉を開けたら誰もいなかった。
でも奥の曲がり角から父と母が現れた。

よりによって一番見られたくない人に見られてしまった。それはそれは悪夢であった。

あとから係員がやって来て、店に異常事態が起きたので早く店から出てくださいという通達があった。
服を着るのにとまどっていると、僕の部屋に中年男性達がブリーフ一丁の姿で4、5人入ってきた。
中年達はとても勝手に僕のベッド、トイレ、お風呂、マッサージチェア、を堪能しだした。とても不愉快であった。僕は男性の裸があまり好きではないのだ。

急いで部屋を飛び出すと、異常事態は深刻していた。そう火事が始まろうとしていたのだ。
係員が火元の原因である監視カメラをチェックしていた。
そこに大勢のブリーフ一丁の中年がそれを見ていた。火元は出口とは関係ない所で起きているのに誰も逃げない。
皆、見物していた。

火は燃えているのではなくて30秒おきぐらいの感覚で噴射している感じやった。噴射した後は火花がパラパラ舞い降りていて確かに綺麗だった。

僕が30秒ごとに思う事は火の噴射がでかくなってるという事である。

僕は危険を察知して奥に行き、後ろの方で、その炎を見ていた。

次の噴射は超巨大であった。
前にいたブリーフ達はその火炎噴射でぶっ飛ばされた。
僕はかがんで、その頭の上では次々とブリーフ達のパーツが飛んできた。

とんでもない火事だ。
が、まだまだ見物人達はギリギリの炎の届かないラインを予測してそこまで下がり見ていた。

僕はそれよりさらに後ろに下がった。
次の噴射は前の噴射の二倍だった。

炎は店の通路にいた全ての人を吹き飛ばした。

僕はギリギリ助かった。

化け物がいると確信し、奥の奥まで逃げた。
試写室の奥の壁をぶち破ると、そこはお洒落な居酒屋であり、違う会場でライブをしていたバンド達とマネージャーがいた。

2につづく…。

映画のように2

居酒屋での、バンドとマネージャーの話を冷静に聞いていたが、あそこのMCでもっと愛について共感できる話をしようよ。みたいなとても下らない内容だった。

僕は置いてあった手羽先を勝手に食べ再び逃げた。

炎は全てを吹き飛ばそうとしていた。次々とやられていく。

さらに奥へ逃げると屋上のパーキングであった。

どうやら試写室は屋上にあったみたいだ。
エレベーターで下ったのではなくて上がっていたのであった。

屋上パーキングについて振りかえってみると、そこにはドラゴンがいた。

ここに来てドラゴンだったのかと夢の中でつっこんでしまったが。
初めて見るドラゴンがとても恐ろしく感じた。

少し割愛。


とにかく逃げた。
街を逃げて逃げて逃げた。
すれ違う人達は何もしらずにただ街を僕とは逆の方向に進んでいく。
僕はとにかく逃げた。

海の港につき、仮眠した。


朝になり、街に行くと街は豹変していた。
人間に何かがのりうつっていて街は狂気となっていた。

のりうつってる者達がのりうつってない者を追放しだした。

僕はのりうつってないから追放された。

のりうつってない者達は自転車を与えられた。のりうつってる人は少し優しかった。

のりうつってない者達が自転車に乗っていっせいに出発した。

空を見てみるとドラゴンがとんでいた。
無差別に街を破壊しているようだ。

その方向とは逆にとにかく自転車をこいだ。

ある、のりうつってない女性と一緒になった。
その女性ととにかく逃げた。

逃げて逃げて夜になった。

ずっと二人は無言であったがいつしか二人には恋愛感情が生まれていた。

道を走っていると女性はコーン畑につっこんだ。僕も後を追いつっこんだ。

畑の中心で二人は寝そべり、かなり近い位置にいた。

女性がせまってきた。
恋愛感情が生まれようとしていたのだからそのまま身を任せてもよかったのだけど、

僕は焦ってしまって、とても下らない言葉を初めて夢の中で喋ってしまった。
君の名前は?って。
喋った。


そこで女性は冷めてしまったのだろう。
夢はそこで終わった。

起きたら汗だくでした。


悪夢見たい人はなるべく暑い格好で寝るのがオススメです。

変わり目

006.jpg

005.jpg

004.jpg

009.jpg

ここ最近、KHOOMIISを良く思ってくれる方が多くなってきてうれしい限りです。
相変わらずBBSは何の炎上もないのは、寂しいですが。なかなかお客さんや友達がBBSには行きつかないみたいで僕らも何かまだまだだなぁなんて思っています。
まぁまだまだ伸びるのでまだまだなんですが。
勝手な解釈でいくとmixiが登場してからバンドサイトへの書き込みは減ったのではないかなと考えています。
結構そこそこ有名なバンドさんの素晴らしい演奏の後のBBSにも何の変化もなかったりしますよね最近。

別にそれがあってもなくてもバンドの魅力は変わらずなんですがね。いいっちゃいいんですが、それでも私はBBSをPRし続けますよ。ライブで会えない時はここでコミュニケーションをとりたいのです。
来年の小さい目標ですね。

この歳でのひねくれな感じかなり出してます。
村上春樹の風の歌を訊けのド頭に完璧な文章は存在しない…なんて一文がありますが、
あれは若気のひねくれかなり出してるじゃないですか?
僕もそんな感じなんです。

ひねくれときながらも真面目に立ち向かう。そういうひねくれ。

その為にも今年最後のライブを頑張ります。
皆さん是非見に来てくださいねー。


将来は自伝を勝手に書きあげ、勝手に出版します。
契約ができなかったら勝手にフリーペーパー配布ですね。まだまだしたい事があるわけで、したい事をする為には色々やらなあきませんよね。
小説だって書きたいし、
絵も書きたいし、
写真もとりたいし、
映画監督にもなりたいし、
俳優にはなりたくないが。
したい事いっぱいありますね。


愛讐のロメラ、すごい展開です!

たららん

パフュームがかなり人気。曲にハズレがないし、変にかわいいし、なんかお洒落。僕もあの振り付け大好き。
でもパフィー愛好家の僕としてはパフィーを聞け。となります。

渚にまつわるエトセトラなんかはPOP史に残る名曲。僕的1位。曲は良いし、詩も井上陽水直伝の相当危ない内容やし、アレンジなんかも文句のない一品。それをパフィーの二人が歌えばまるで魔法。
最近パフィーを自転車乗ってる時に爆音で聞いてます。愛のしるしやサーキットの…やネホリーナ…やこれが私の…やアジアの…や、名曲や。歌ってしまう、踊ってしまう。装飾のキーボードを口ずさんでしまう。


という前置きの話は置いといて、嬉しい事があったんですよ。
まだ記憶に新しい、雑誌スプラッシュにて光栄の表紙。

その表紙を見ていただいてですね、見に来てくれた方がいたんです。後から知ったんですが嬉しくて、鳥肌がたちました。

その方と少しお話する事ができました。

純粋に音楽、ライブを楽しみにライブハウスに来られたみたいでそれに対しても嬉しくなりました。

とても感想も頂いて、こうやってコミュニケーションをとる素晴らしいです。良い人生です。

13日も何人かのお客さんと喋らしてもらいました。

いまでも話した内容覚えていますよ。

で、こうやって何かが変わっていきそうな予感を感じています。

僕たちはステッカーとかないので、KHOOMIISが好きな方は1日3回ぐらいはKHOOMIISと単語だけでも言ってください。

できれば朝の朝礼の時や、満員電車の中、別れ話の合間なんかに。
そうやって浸透していきたいなと思っています。

ミクシーコミュニティーとか、ここのサイトとか、毎日会えない時の為にあります。
1日3回チェックです。

これからもよろしくお願いします!


一方、最近イトゥーは叩き方がイカツクだんだんなってきています。バカデカイクラッシュを手に入れたみたい。ますます爆音なバンドです。

セガレのスネさんとやけにずっとイトゥーは喋ってるの。スネクラッシュ。

ほいでウエッティーは最近踊ってますね。
一歩見方を変えたら、あれは何かの生物と戦ってるように見えます。相当激しい戦いです。

ウラッティーは最近爆笑王です。

笑ったらあかんゲームを今度やってみて下さい。

浦田日記はいわゆる日記です!

突発的

いつもそこで思うものを1秒後には確実に実行している。それが演奏であったりMCであったりひっくるめてパフォーマンスであったり私生活からの欲望であったり。

突発的に昨日の語りで昔のいじめの話がでた。それをグッドニュースの曲のベースに合わしてラップを歌った。皮肉さや生きてる素晴らしさに皮肉をこめて。
あれが僕のグッドニュースなんだと思う。思うように韻は踏めなかったが、感情をぶちまけた。

色々なラップをしたが、話の中でいじめのきっかけで、これは人に対してやったあかん事や、って経験から学んで、僕はこんなにも人に対して優しくなったって事。という流れでいじめのきっかけで音楽、音楽は別にどうだっていいんだけどって言いました。



僕は初めてギターを買ってもらって弾き始めたのは中1後半あたりやった。それは僕が女子軍団に空前のシカトや罵声を浴びていた、まさに暗黒時代の時やった。
僕がそんな中、ギターを買ったのは、その現実が嫌になってとか、自分の安息地を作るためやったとかではないんです。
あの暗黒時代の中、それでもそれでもそれでもそれでも、女の子にもてようとしていたのだ。いじめがあって女性恐怖症になってでももてようとしていたのだ。

ビリーコーガンと一緒。
産まれて来た子馬の頑張りと一緒。


必死に練習した。それなりに弾けるようになった気がした(でも全く弾けてなかったが)
だが、肝心の俺ギターやってるねんっていうのは誰にも言えなかったのである。
バレたらえらいめにあうからね。

密かに人生逆転を狙った、毎年恒例の生徒バンドライブに誘われて出るのを目標にしていたが、そのライブにはでれなかった。
確か本番までには何人かには言ってたけど、もう遅かったのである。
音楽での人生逆転は失敗であった。

なんの変化もないままそのまま暗黒時代を生きたのである。


時はたち、今現在。気づいたらバンドやってて僕に好意を持ってくれる方は男性のみだ。いや、奇跡はあると思うが。
とにかくもててるとしたら、それは男性だ。っていう現実。


ロックバンドが好きだ。
人として良いことも悪い事も、もしやろうって思ったなら本気でやるべきだ。

中学より昔、僕の誕生日パーティーが開かれた黄金時代。
女の子が罰ゲームはデコピン本気っていうから、女の子に本気でデコピンしたら、めっちゃ嫌われた。

なんでやねん。って突っ込みを僕はその時覚えた。

紳士は本気です。

ゴイスゴイスゴイス

ただいま。ある種地獄の打ち上げから帰ってきました。

来てくれた人、本当にありがとう。1800円という値段やが貪欲に楽しもうってのが伝わってきました。楽しんだものがちですよね。
ほんとに昨日来てくれた人は周りの人に教えてあげて下さい。来たら良かったのにと。

いっぱい当日来れない方がいましたが、それは後悔ですよね。
まったく何が忘年会だ。昨日のライブは忘れないでくださいね。

私たちのライブは良かったです。ただひたすらそのライブを見てくださった方に感謝です。感謝感謝。
他のツワモノバンド達を見て、ホーミーズを見て、どうでしたか?
きっとそれぞれの人が思う事がそれぞれあると思います。
僕的には私たちは、私たちが一番良かったぜっなんて思ってますよ。負けず嫌いなら当たり前の事ですが。

本当にありがとうございました。

僕も全バンド見てお腹一杯です。

ゴイスには良く出ると思うのでまた会いましょう。ちなみにゴイスでは大体ツワモノ達と競演しますので、これからも要チェックです。

なにかとチェックです。
KHOOMIISの何かを常に記憶していただけると、それはとても、嬉しい。です。


では生きる為にバイト行ってきます!

やったった

色んな出来事あったけどまた後日に。


実は愛用のライン6が原因不明でぶっこわれてまして、まったく作動しなくなってて、約一時間の格闘のすえ、自力で直しました。

ネジあけてピンセット使って直しました。

やったった。


今日はライブですよ。
9時10分からです。
全然間に合う時間ですわな!


では!

12/8 中百舌鳥マッシブアコースティックホーミーズ極悪仲間達

解禁です。ワインやなくて極悪仲間たちです。

もうね、かなり楽しかったです。なんじゃこりゃ。ってなりました。
グガガガガガっと!
楽しんで帰らせてもらいましたよ。


僕もそろそろムーミン谷に引っ越しかな。あそこは呑気でまったく動じないしね。

街が津波に飲み込まれても動じない。
ママが「さ、そんな事より朝ご飯の用意しましょ」って言って、ムーミンが浸水した一階にパンとりにいきますからね。

そんな感じでした。トーベヤンソン。

打ち上げはたらふく焼き肉いただきました。

ニートルズ最高やった。なんかしらんが突き刺さるものがありました。僕的にサイケ。

さんざん酒を飲み、極悪仲間達は次々とさっていきまた新しい自分達の帰る場所に帰っていくのでした。


何かを感じ。何かをものにして、それぞれの故郷に帰っていくのでした。

メンバーよ。またいつでも帰ってきてね。
ここが第二の故郷なのですよ。
みんなが戻ってくるまで僕は仕込みをしときます。


また来年!



朝本による極悪仲間達解説

コニシケンタ
彼が月に2・3度、例えばマッシブのようなライブハウスで活動して
いない事を良かったと思うのは僕だけだろうか?きっと活動していたらKHOOMIISよりファンがいるやろうし、KHOOMIISよりお客さんに迷惑かけているのではないかなと思った。僕ができない事、彼はほとんどできる。そう、日本でもアメリカでも居酒屋でも公園でもライブハウスでも教室でもどこだって脱げるヤツだと思う。あるいは本人はそうでもないかもしれない。だがコニシケンタ以外の人物はきっと彼を見てそう思うと思う。すべてにおいてそれを僕は阻止するのである。阿吽の呼吸というモノは実在する。彼は和歌山の山で育った。猪が不意に後ろから突っ込んでくる。そんな場所で育った。携帯の電波もとどかない。街灯もない、放課後は真っ暗な山道をひたすら登る。雪がふれば、すぐに家から外出不可になる。周りには山と崖しかない。僕が言いたいのは、田舎って素晴らしいってことです。人生に困ったりしたらいつでも彼に相談を・・・。
ハンダヨシヒサ
詩人、ファッキン哲学者、from小鳥のさえずりーズ。なんだろう、彼の発する言葉あるいは人を笑わそうとする時にでてくる言葉、いつも不意をつかれたようにでてくる。思えばそれはハンダっぽい。ってなる。彼はドラマーだ。ストイックだ。変態だ。こだわりがある。軽の自動車がとても似合う。アーティストなのだ。僕はギターだった。一緒にバンドをやってた。その時にやってた曲は今聞くと本当に素晴らしい曲ばかりであった。当時は大阪には凄い人が一杯いるって思ってたから、そんな素晴らしさに気づいてなかったのかもしれない。でもそんなに凄い人はいなかった。時はたった。僕は新しいバンドを始めた。彼も新しいバンドをやろうとしている。また新しい、グッドなミュージックが生まれようとしている。その為に今メンバーを募集している(興味のある方は僕に連絡ください)。僕はもう曲を聞かせてもらった。もう脳内にメモリーしている。頭ん中に海底の火山がゴウゴウとなってる映像もでてきた。そう、とてもいい曲だった。
ツジモトリュウタ
あるバンドのライブに見に行った時に出会った。友人の勧めで、携帯番号の交換もした。大概はそこで関係が終わるのも、ひとつのよくあることなのだが、僕たちの関係は一生になった。出会いの規則を僕達は破ったのである。ライブを初めて見に行った時、正直イマイチな印象をもった。話は変わり、コニシケンタと彼で地元の和歌山で酒を飲んだ。その時に彼は相当馬鹿な人なんだと確信した。今バンドやってなかったら総理大臣になっているらしいし、無謀であるようなフェスを実現させる野望を持っている。ガチで。僕はその馬鹿さに賛同した。世の中には良い馬鹿と悪い馬鹿がいる。彼は前者なのだ。僕も馬鹿だ。だから馬鹿な人に信頼感を抱く。彼は音楽を心から愛しているのである。僕の馬鹿なエスパーでそれを感知した。どんなに時がかかろうが凄いバンドになると思う。そして僕は二回目のライブを見に行った。そこで見たのはまるで一回目とは別人であった。何かが憑依していた。僕は笑った。
カギタアユミ
いわゆる大学の後輩。生粋のトラブルメーカーである。それは僕がボケて言っているのではなく、いわゆる実際問題である。そんな中、彼女は今日も生きている。トラブルメーカーってほんと、彼女の事をいうんだと思います。なんか不器用です。よく、コートの裾の長さを把握していなくて、醤油瓶をひっかけて醤油をまき散らすポップなドジってあるけど、彼女はまあ、そんな感じです。自分の内緒ごとなんてあったら、すぐに友達に吐いて、その友達はすぐ友達に吐くのです。内緒ってなに?ってなります。ほんと素晴らしいです。要領も悪いし不器用な人です。でも良いとこもあります。上にあげたようなトラブルは大体面白いのです。それが長続きの秘訣です。ユニークですよね。彼女はモッシュピットに突っ込んでいきます。結構冷めてる部員ばかりの部に彼女入ってますが、モッシュピットに突っ込んでいきます。ノリがいいなぁと感心しています。が、自分が舞台にたったら緊張しかしてません。期待を裏切るトラブルメーカー。いい奴です。
アラマキマキヨ
通称、アラマキマキ。
KHOOMIISを含め、極悪仲間達を綺麗にまとめてくれてます。アラマキマキがいなければこのプロジェクトは実現しなかったかもしれないと最初に言っておきます。ある日のセッションバーに彼女はいました。ステージに自ら上がりできない楽器を弾きまくっていました。歌ってました。理想のセッションがそこにあり理想の音楽がそこにあったような気がしました。僕は、あ、彼女も変な人だ!と思いました。でもすごい空気を読んでくれます。やっぱりすごいです。メンバー全員彼女のこと凄い人だと思っています。うまい具合にメンバーと極悪仲間達をまとめてくれるお人。東京進出を目指している。

good news 2

まずミクシーのコミュニティーが50人突破。嬉しいです。ここはもう、アーティスト気取らしてください。ありがと。
うええだコミュニティーに数、負けてなくてひと安心です。ブラボー。

ユーチューブを見てくれた人がkhoomiisのファンになってくれたって風の噂で聞きました。
嬉しいです!ありがと。ロックバンドが現代風に正面から向き合って、配信、配信、配信。宣伝、宣伝、宣伝。そして演奏、騒音、演奏。そんで、情報、噂、身の上話。こうやってまた新しい人と出会えるんです。素敵な事やと思います。新しい人と出会えるのがうれしいんです。
そして今一度出会ってきた人たちに感謝。
あなたの人生にそっとお邪魔しました。これからもよろしく。アート。

極悪仲間達との活動報告。

練習に入りました。

PAP_0005.jpg

oi.jpg

PAP_0003.jpg

ol.jpg

PAP_0004.jpg

ここにいる人達、みな変な人ばかりです。
ので、みんな本当にいいヤツです。

僕の友人を集めたので、皆知らない人同士であったりするんだけど、
一瞬で打ちとけ、この日、最高のSHOWが生まれました。

踊るって楽しいです。
何系とかじゃなくて、自分流に踊るのって。

配信配信配信。けっこうやってますが、
実際のkhoomiisの演奏は原始的です。

コンセントにアダプターぶちこんでますがね。

12/8(mon)

中百舌鳥マッシブ。

20:30 KHOOMIISと極悪仲間達。

見るか見ないか、あるいは、見に来るか見に来ないかは、
あなた次第です。

当日、極悪仲間達のメンバーになってくれるかたもまだまだ募集しています。

一緒に生きましょう。

では、また明日。

極悪セッション

突発的に極悪仲間を呼び出し、極悪セッションを行いました。

SANY00340.jpg

の前にサイゼリヤ。

いつもと違う状況に威嚇する二人。

SANY00440.jpg

スタジオジャムジャムにて。凡人小西健太のトレンディースタイル。
この後、練習を行う。

SANY00510.jpg

その後、12月ということで忘年会。

伊藤の宅の床に何故かスナック菓子をまきちらかす人と傍観者たち。
この後、何故か半田がテンションがあがりお菓子にダイブをしてお菓子が粉々になりました。
極悪ぶりがまさにでていました。

そのお菓子はみなで頑張って食べました。

思った以上に盛り上がり、お酒を追加買出しに行ったのですが、帰ってきたら
ほとんどの人が寝ようとしていて、寝ていて。これに対して、事前に、買出しには行くが、その間絶対に寝ないでねという約束をした僕は、怒りの感情が芽生え、寝ている人にわさびを目や鼻や口に塗りたぐりました。

わさびの効果は抜群です。

GOOD NEWS

ここ最近なんだかあれですね、不況ですよね。まぁあえて深い話なのでそんなに突っ込まないですが、
先日アメ村でのホワイトライオットもそんな事も関係してるんじゃないかと思ったりしました。

世間はニュースに支配されるのです。ニュース、メディアの浸透は凄いです。何かニュースがあればそれがどんどん先走りしたりして、今やったらそのニュースをオカズに日記書くのもかなりライフに浸透していますからね。
人間の深層心理みたいなのもここに関わってくると思うんですが、とにかくメディア、は怖いですからね。


とにもかくもアツヒメ凄いですよね。視聴率。凄いですよね~。やってやりましたね。同世代の暴動ですよ。かきみだしてますね~。

ところで愛讐のロメラ見てますか?昼ドラです。僕はテレビっ子です元祖。
面白いんですよ。って前に話した気がしますね。まあ見てください。

12月なりましたね。12月はオススメライブ一杯ありますよー!チェックです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。