朝本日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOOD NEWS03

KHOOMIISの出番。
自分で書くのいくらでも書けるけど恥ずかしい。その恥ずかしさは過去に捨てた。

MCからスタート。何かを言う度に噛む。全部噛んだ。虫にやられるという曲をお聞きください。

魔法の作用。無条件の反応。KHOOMIISをほんとに見に来てくれてありがとう。活動のわりに人気のないバンドなんです。企画を発案した時は不安でしたが、たくさんのお客さんが手あげてる。今日はとてもGOOD DAYだ。

ノー受け身、ドラム突っ込み。全てがPOPに見える。パーティーが始まる感じだ。

ゴイス5周年おめでとうございます。

3曲目のスクリーミングアンダーグラウンドに入る。事前にヤジをもらう。

カオス時間帯の上枝ソロに突入。KHOOMIISはこの人がいる限り、独特なミュージックになる。細菌が繁殖していくようなセッションになった。

TALK ツー ミー。
時間はもう戻りませんよという歌。
それが美しいという歌。ざ・ラブソング。
13分遅れた時計をつけて歌う。

GOODNEWSへ。
KHOOMIISはようやく演奏を30分にまとめる事ができるようになった。企画前に教育実習なんてものにいっといてよかったなと思いました。教育実習ではずっと生徒の前でMCをしてたものだから、なんかやっといて良かった。
GOODNEWSという企画でGOODNEWSという曲をやる。理由は曲を完成させるためである。完成できたかは誰もわかりませんが良いGOODNEWSができた。

ラストはフロアでセッション。とにかくカオスであった。セッティングがとにかく遅い伊藤の生きざま。こんな押している時間に何をゆったりとやっているのかつくづく伊藤は謎な男ですよ。そして一番ノリノリだった男伊藤。僕は忘れませんよ。


アンコールでアイライク。

喉も壊れ、みんなに歌ってもらいました。

同性とキスを交わし、
カオスな光景本当にありがとう!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。